コーチジャケットのおすすめコーデ27選

色々な種類のあるジャケットの中でコーチジャケットというアイテムをご存知でしょうか。

オシャレ上級者にはもちろん、オシャレになりたいと考えている人に特にオススメのアイテムです。

今回は、1着持っているだけでオシャレの幅を広げてくれる、コーチジャケットのおすすめコーデについて紹介します。

コーチジャケットとは


>>このコーデの詳細はこちら
コーチジャケットとは、ナイロン製の生地を使用したジャケットのことです。アメカジコーディネートに取り入れられることが多く、重ね着ファッションに多く用いられます。一般的には襟がついており、袖口はゴムで絞れるようになっているものが多いです。

コーチジャケットの魅力3つ

1.1つのアイテムでコーディネートが決まる


>>このコーデの詳細はこちら
コーチジャケットの魅力の1つは、使いやすいという点です。オシャレ上級者にもなれば、たくさんのアイテムの中からその日の気分に合わせたコーディネートをすることもできます。

2. カラーバリエーションが豊富


>>このコーデの詳細はこちら
コーディネートを考えるのが苦手という人の中には、どんな色の服を着たらいいかわからないという人も多いでしょう。選びやすいからと白や黒、グレーの服ばかりを選んでしまうと、モノトーンで暗いイメージを持たれてしまう可能性もあります。

3. スタイリッシュさを演出できる


>>このコーデの詳細はこちら
ジャケットはフォーマルなシチュエーションで着用することが多いですが、コーチジャケットはあえてカジュアルな場面で着用することでスタイリッシュさを演出することができます。

コーチジャケットの選び方2つのポイント

1. サイズ感


>>このコーデの詳細はこちら
コーディネートがオシャレかどうかを判断する上で、サイズ感はとても大切です。どんなにオシャレなアイテムでも体のサイズに合っていないと、オシャレに着こなすことができません。

コーチジャケットは重ね着することを目的として作られているので、インナーがどれくらい見えるのかのサイズ感に注目して選ぶようにしましょう。丈の長さや袖の長さも重要なので、可能であれば購入する前に試着をすることをオススメします。

2. 素材感


>>このコーデの詳細はこちら
アイテムの素材感にまでこだわることができれば、オシャレ上級者と言っていいでしょう。コーチジャケットはナイロン製の生地を使用していますが、触り心地や光の反射具合、着心地などはアイテムによって差があります。

コーチジャケットはニットセーターやデニムパンツなど他の素材と合わせることが多いので、購入するときには素材感にもこだわってみましょう。

コーチジャケットの人気色別コーデ

コーチジャケットの人気な色は以下の5つです。

  • ベージュ
  • カーキ
  • ネイビー
  • オレンジ

それぞれ見ていきましょう。

ベージュ色コーデ

ロングコーチジャケット×サイドジッププルパーカー


>>このコーデの詳細はこちら
「パーカーとジャケットの組み合わせに萌える」という女性は多いそうですよね。首元に目線が集まるのでスタイルアップ効果が期待できます。ベージュのコーチジャケットは優しい印象を与えてくれるので、白色との相性は抜群です。

ロングコーチジャケット×長袖シャツ


>>このコーデの詳細はこちら
スタイリッシュさを演出するのであれば、襟付きの長袖シャツを合わせるのがオススメです。長袖シャツはそれだけでは野暮ったく見えてしまう可能性がありますが、コーチジャケットと組み合わせることによって、首元をすっきり見せてくれます。

コーチジャケット×長袖Tシャツ


>>このコーデの詳細はこちら
短い丈感のコーチジャケットと長袖Tシャツを組み合わせることで、小慣れ感を演出することができます。コーチジャケットとパンツ、そしてキャップを同系色で揃えることで上品な雰囲気のコーディネートになります。

カーキ(緑)色コーデ

コーチジャケット×白Tシャツ


>>このコーデの詳細はこちら
どんなアイテムにも合わせやすい白Tシャツですが、もちろんコーチジャケットとの相性もバッチリです。特にカーキ色のコーチジャケットとの相性は抜群で、ナチュラルさの中に清潔感を感じるコーディねーとになります。

コーチジャケット×白ロンT


>>このコーデの詳細はこちら
丈感の短いコーチジャケットであれば、白ロンTと合わせて裾からチラ見せするのもオススメです。ロンTは単体ではルーズに見えてしまうことが多いアイテムですが、カーキのコーチジャケットと合わせることでフォーマルに着こなせます。

コーチジャケット×ジーンズ


>>このコーデの詳細はこちら
シンプルにコーツジャケットとジーンズを合わせるコーディネートもオススメです。特に30代40代の男性は、大人っぽさを演出することができます。コーチジャケットは軽い素材感なので、春先から秋まで長い期間着ることができます。

ネイビー色コーデ

コーチジャケット×白Tシャツ


>>このコーデの詳細はこちら
ネイビーと白のアイテムのコーディネートは間違い無いと言っていいでしょう。爽やかさをアピールしたいという人には特にオススメです。ネイビーのコーチジャケットは白Tシャツを合わせることで、スタイリッシュな印象を与えます。

コーチジャケット×柄パーカー


>>このコーデの詳細はこちら
シンプルなコーチジャケットと柄物のパーカーを合わせるのも、オシャレ上級者に人気のコーディネートです。コーチジャケットとパーカーという個性を出しにくい組み合わせでも、柄物のパーカーを合わせることで個性をアピールすることができます。

ロングコーチジャケット×白ニット


>>このコーデの詳細はこちら
ネイビーのロングコーチジャケットは、着る人の大人っぽさを際立たせてくれます。オーバーサイズ目に着用することでスタイルアップ効果が期待できます。

黒色コーデ

黒色コーチジャケット×柄シャツ


>>このコーデの詳細はこちら
黒色のコーチジャケットは合わせるアイテムは無限大といっても過言ではありません。どんな色でもどんな素材でも、かっこいいコーディネートを作ることができるのが黒色コーチジャケットの特徴です。

黒コーチジャケット×モノトーンコーデ


>>このコーデの詳細はこちら
黒や白、グレーだけのコーディネートは、シックなかっこよさを演出することができます。アイテムの選び方は重要で、黒のコーチジャケットに灰色のパーカーの組み合わせは使えるシチュエーションも多い鉄板の組み合わせと言えるでしょう。

黒コーチジャケット×黒パンツ


>>このコーデの詳細はこちら
全身黒色のコーディネートは、間違えてしまうと暗い印象を与えてしまう可能性もあります。しかし黒色は引き締まった印象を与えてくれ、スタイルも良く見せてくれます。

オレンジ色コーデ

オレンジコーチジャケット×デニム


>>このコーデの詳細はこちら
「みんなと同じコーチジャケットとは嫌だ」と考えている人には、オレンジのコーチジャケットをオススメします。落ち着いた色合いのオレンジであれば、強い印象も与えず、他のアイテムとも調和してくれます。

デニムコーチジャケット×白Tシャツ


>>このコーデの詳細はこちら
自分らしさを演出したい時には、鮮やかなオレンジ色のコーチジャケットもいいでしょう。白Tシャツや黒パンツなどのシンプルなアイテムと合わせることで、コーチジャケットを主役にしたコーディネートができます。

レッドオレンジコーチジャケット×白インナー


>>このコーデの詳細はこちら
オシャレ上級者の中には、赤よりのオレンジ色のコーチジャケットをチョイスする人もいます。陽や照明の当たり方で異なる表情を見せてくれるコーチジャケットは、一つあれば色々なシチュエーションで活躍してくれるでしょう。

コーチジャケットの季節別コーデ

コーチジャケットの季節別おすすめコーデをご紹介します。

  • 春コーデ
  • 夏コーデ
  • 秋コーデ
  • 冬コーデ

それぞれ見ていきましょう。

春コーデ

ビックシルエット半袖コーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
春はまだ肌寒い気候が続く可能性もあるので、ビックシルエットのコーチジャケットをオススメします。ビックシルエットは体のラインを隠してくれるため、スタイルに不安があるという人にもオススメです。

2wayコーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
コーチジャケットは、前のボタンを開けるか閉めるかで温度調整ができるのが大きなポイントです。春に着用するならば、襟元までしっかりカバーできるコーチジャケットがオススメです。

春色イエローコーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
「春になったら春色のコーディネートを楽しみたい」と考える人も多いですよね。コーチジャケットはカラーバリエーションが豊富なので、イエローやオレンジなど春色のものも多くあります。

夏コーデ

チェック柄半袖コーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
半袖のコーチジャケットは春に着用するのにぴったりです。ビッグシルエットのものを選ぶことによって、着脱がしやすく室内と屋外で体温調整がしやすいのもポイントです。

ビックシルエット半袖コーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
ベージュの半袖コーチジャケットは爽やかな印象を与えてくれるので、夏のコーディネートにぴったりです。夏は室内が寒かったり急な雨が降ったりなど気温の変化が激しいので、軽く羽織れるコーチジャケットが活躍する場面はとても多いです。

ホワイト薄手コーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
爽やかなホワイトのコーチジャケットは夏にぴったりです。海や山などのレジャーに出かけても良いですし、オシャレなイベントに参加する時に着用してもいいでしょう。

秋コーデ

迷彩柄コーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
秋はコーチジャケットが主役になれる季節といってもいいでしょう。気候的にも夏に比べて涼しく、コーチジャケットを羽織るのにぴったりです。

花柄コーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
女性的なイメージのある花柄ですが、うまくコーディネートに組み込むことで男性でも着用することができます。コーチジャケットはシンプルな作りなので花柄であってもお互いの個性を生かすことができます。

デニムコーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
素材を楽しむことができるのが、コーチジャケットの楽しみの一つと言えます。デニムのコーチジャケットは行楽シーズンにぴったりで、男女でコーディネートすることも可能です。

冬コーデ

防風加工ボアコーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
防風加工がされているボアのコーチジャケットは、冬のシーズンにぴったりです。あまり重ね着をしたくないという人も、ボアコーチジャケットさえあればある程度の寒さを防ぐことができます。

内側ボアコーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
「ボアの暖かさは欲しいけど、見た目はかっこいい方がいい」という人にオススメするのが、内側にボアがついたコーチジャケットです。見た目はスタイリッシュですが内側にはボアがついており体の熱を逃がしません。

ストレッチコーチジャケット


>>このコーデの詳細はこちら
ストレッチコーチジャケットは着膨れしたくない人にオススメです。ストレッチが効いているので、中に厚手のセーターやパーカーなどを着用しても疲れにくいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はコーチジャケットのコーディネートをご紹介しました。

コーチジャケットは季節やシチュエーションに合わせて色々なバリエーションがあり、使い勝手がとても良いアイテムです。

ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

コメント

Top
タイトルとURLをコピーしました