アパレル歴10年のスタイリストがレクチャーします。

プロが教えるファッションコーデ術

アウター

チェックシャツのおすすめコーディネート47選

更新日:


海外のセレブや有名人がさらっと着用してかっこいいアイテムの“チェックシャツ” !?

みなさんも憧れて購入した経験があるのではないでしょうか?

そんなチェックシャツですが、買ってみたら「イメージと違う」「オタクっぽくなってしまった」 とスタイリングに迷ったかとも多いともいます。

しかしコーディネートの黄金パターン を覚えてしまえば、どんな人でもカッコよく使える万能アイテムなのです!!!

今回はおすすめアイテム“チェックシャツ” のかっこいい着こなしをご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

チェックシャツとは?

赤チェックシャツ_1472184557

チェックシャツとは、チェック柄が全体に入ったシャツのことをいいます。

チェック柄でも種類が多く、ギンガムチェック(小さな柄)やブロックチェック(大きな柄)など代表的なものや、英国風なマドラスチェック柄など多数の種類があります。

柄が入っている特徴のシャツであれば、チェックシャツのことを指すので、みなさんにも馴染みのあるアイテムとも言えますね!

 

チェックシャツをカッコよく着こなすための3つポイント

▲目次に戻る

海外の有名人がさらっと着こなしていてかっこいい“チェックシャツ”。

いざ真似してみたら、イメージと違うなんてこともよくありますよね!

失敗しないための3つのポイント をレクチャーしたいと思います。

サイズ感

111http://zozo.jp

チャックシャツをカッコよく着こなすためにも大切になってくるのが、サイズ感。

カジュアルな雰囲気を崩さないためにも、自分の体型にあったサイズ感を選びましょう。

わざと自分の体型より大きめに着用する方法や、丈の長いシャツを選ぶスタイリングもございますが、シルエットのところで詳しく記述していきます。

 

シルエット

 

16786726B_b_15_500http://zozo.jp

基本は細身のサイズ感を意識しましょう!

細身のサイズ を選ぶことで、ジャケットなどのキレイめなアウターのインナーとしても着用できる点や、チェックシャツを着用した場合のマイナス点、だらしなく(オタクっぽく)みえる要素を減らします。

また、細身のサイズ を選ぶことで、ボトムスもスリム・ワイド共に合わせられるのでコーディネートしやすくなります。

他にもシャツをオーバーサイズに着用し、スリムパンツと合わせる“Aラインコーデ” や、わざとロング丈のシャツを選びレイヤードスタイル を楽しむスタイリングもオススメです。

 

チェックの大きさや柄

サイズ感がわかったところで、次に重要になってくるのが、「チェックの大きさと柄」になります。

まず覚えて欲しいのが

⭐︎小さい柄(ギンガムチェックなど)

glrstaffblog-20130611103201-480http://u0u1.net/C3Z3

良い点→スタイリッシュに見える。

悪い点→体が華奢な人が着用した場合、さらに貧弱にみえる。

☆大きい柄(ブロックチェックなど)

61981409http://u0u1.net/C3Zg

良い点→男らしさを演出できる。デニムとの相性が良い。

悪い点→主張が強いので、インナーとしての使い勝手がわるい。

など柄の大きさには特徴があります。

 

チェックシャツの人気色4つ

▲目次に戻る

カラーによってもイメージは異なります。自身の目指すスタイリングにあうカラーリングを見つけていきましょう!

赤チェック

13282962B_19_D_500http://zozo.jp

王道のカラーでもある赤チェック。アメカジスタイル などが好きな人にオススメのカラーリングでありデニムパンツとの相性も◎

17263151B_178_D_500http://zozo.jp

以前はデニムと合わせるのが主流でしたが、画像のようにスウェットパンツなどと合わせて“抜け感” を出すのがイマドキ のスタイリング。

赤の色がポイントになってくれるので、ボトムスをシンプルにしても地味になりすぎないのが、嬉しいポイント。

 

黒チェック

17757138B_b_05_500http://zozo.jp

カジュアルなチェックシャツをフォーマルに演出してくれるのが、黒チェック。ジャケットのインナーとしての着用やネクタイとのあわせなど、ビジネスカジュアルのアイテムとしても長年重宝されてきました。

17757138B_8_D_500http://zozo.jp

写真のようなギンガムチェックシャツは英国風な雰囲気を演出できるので、パーティーシーンなどでもよく見かける柄です。

 

黄色チェック

13912481B_437_D_500http://zozo.jp

黄色の色は柔らかい印象を与え、フランネルシャツ代表的色味でもあります。ボトムスを選ばずにスタイリングしやすい点など、人気のあるカラーです。

17805705B_80_D_500http://zozo.jp

あわせるのが難しい印象の黄色も、ダークトーンの黄色を選べば、スタイリングに迷うことなく着用できます。

主張が強い色なので、軽い羽織りとしても使えるカラーリングになります。

 

緑チェック

13282962B_35_D_500http://zozo.jp

大人の雰囲気を演出できる緑色。落ち着きのある色味なので“大人カジュアル” な雰囲気を楽しみたい方の度にオススメです。普段なかなか取り入れにくいカラーでもあるので、シャツなど面積比の少ないアイテムで取り入れるのがオススメです。

14101240B_35_D_500http://zozo.jp

デニムなどのカジュアルなアイテムと合わせても、オシャレにスタイリング出来るのカラーとなっております。

ブルー系以外で清涼感のあるカラー として人気があるので、春先〜夏場 まで人気があります。インナーの色はシャツの色味に含まれている色を選ぶ事で、ごちゃごちゃせずにスタイリンングする事ができます。

 

主なチェック柄8選

▲目次に戻る

次に重要になってくるのがチェックの柄。

チェックシャツといっても、たくさんの種類の柄があり、合わせる柄によってまったくイメージが違くなってきてしまうのです。

ここでは主要なチェック柄の特徴とオススメのスタイリング方法を紹介していきます。

ギンガムチェック【色のチョイスで雰囲気がかわる柄!?】

 

glrstaffblog-20130611103201-480http://u0u1.net/C3Z3

AKB48の代表曲で急激に知名度があがったギンガムチェック。

色味によって雰囲気がまったく変わってきます。

「明るい色で爽やかさをプラス」

221http://kurumani.com/?cat=210

明るい色は幼さが前面にでてしまう一方、爽やかな雰囲気を演出できます。

春先から活躍してくれるカラーで、夏場などはショートパンツとあわせてマリン要素の雰囲気をだすのもオススメです。。

「ダークトーンでフォーマルな演出を」

2788025934a2ea3602162250f758c7e7https://vokka.jp/3229

ブラックなどの暗めのカラーはビジネスシーン などでも多く使われています。

他のカラーに比べて、ネクタイやベストなどのアイテムとの合わせやすい点や、ジャケットのインナーとしてもよく使われるカラーになります。ブラックの効果でもある、体のラインを綺麗に見せてくれるので“デキる男” の鉄板アイテムと言っても過言ではないでしょう。

 

シェパードチェック【ギンガムチェックに変化をプラス】

98703f18ffec0d4a9196109a68153e5dhttp://u0u1.net/C3Z6

シェパードチェックとは、スコットランド発祥のタータンチェックの一種で羊飼い(シェパード)がこの格子柄を用いたのが始まりとされております。もともとはジャケットやコートなどの重衣料に使われている事が多い柄になります。

14050312301830_dm_8http://u0u1.net/C3Z7

ギンガムチェックと遠目からはあまり変わらず、交差していない所に斜めの地色の線が入っているのが特徴。ギンガムチェックには物足らず、少し変化を加えたい人はシェパードチェックをコーディネートに取り入れてみるもいいでしょう。

 

タータンチェック【3千種もある柄の王様】

tartan_checkp01http://u0u1.net/C3Z8

タータン・チェックとは、スコットランドの高原地方の氏族衣装です。赤、黒、緑、黄色を使った配色が主で身分などにもよって、色が限られていた。

1815年頃にタータン柄の管理が始まったと言われており、現在では数千種類ものタータンが登録されています。

マフラーなどのウール製品に多く使われてきましたが、近年ではカットソーやコットンシャツなど、カジュアルなアイテムにも多く使われる柄になりました。

 

その中でも代表的な柄を紹介していきます。

 

ロイヤルスチュアートチェック

img_003-01http://u0u1.net/C3Z9

スクリーンショット 2017-03-04 23.31.03http://u0u1.net/C3Za

赤が差し色になり、モノトーンコーデのアクセントにもなります。以前はロックミュージシャン などが多く着用する柄でしたが、各ブランドがシャツなど気軽に着用できるアイテムでリリースしてからは、一般の人でも良く見かける柄になりました。UKファッション の定番の柄とも言えます。

 

ブラックウォッチチェック。

inline_ne52sjpMzq1r9vckwhttp://u0u1.net/C3Zb

20170202111141585_500http://zozo.jp

暗めな色なので、少し差し色にするくらいがベスト!こちらもマフラーやウールコートなどで多く使われる柄でしたが、そのインパクトさから近年ではシャツなどのアイテムでも多く見かけるようになりました。緑×黒と普段なじみのある色味であるので、さっと羽織ってスタイリングが完成します。

バーバリーチェック。

12

http://u0u1.net/C3Zc

ca6d0720912a9c125c386676a6d5bd27http://u0u1.net/C3Zd

紳士的なイメージを壊さないためにも、ボトムスはエレガントなアイテムを。日本でも人気があるバーバリー柄もマフラーなどは知っている方は、多いと思いますが、シャツなど単品使いでもインパクトがあるので夏場など薄着になるときには是非GETしたい柄ですね。

 

マドラスチェック【清涼感ありポップで優しい雰囲気を】

16927997_B_06_500http://zozo.jp

マドラスチェックとは、インドのマドラス地方で織られた綿織物の多彩なチェックのことを指します。タータンチェックと似ていますが、タータンチェックはウール製品に多く用いられることが多く、マドラスチェックは綿製品に多く用いられます。

綿製品で多く用いることからシャツなどで多く見られる柄とも言えます。

16927997_B_11_500http://zozo.jp

ポップで多彩な柄だからこそ、ボトムスはシンプルに。

グリーンをベースにしたシャツの場合、チノパンで合わせれば清涼感あふれる、春のスタイリング になります。

ボトムスの裾が絞ってあるリブ付きなのでスタイリッシュに着用できる点もGOOD。

 

ウィンドウペーンチェック【シンプルザベスト】

3770494020_4ddace5277http://u0u1.net/C3Ze

1色のラインが交差して、大きな格子を作っている「ウィンドウ・ペン」はそのシンプルさがポイント。色味も「ホワイト」「ネイビー」「ブラック」などが代表的とされています。

シンプルながら遠目からもはっきりとラインがわかる柄でもあるので、軽い羽織りとして人気があります。また他の柄よりも爽やかな印象をあたえてくれる柄になります。

13653078B_b_10_500http://zozo.jp

チェック柄でもシンプルな部類に入るので、ハットなどの小物でアクセントをつけたり、ボトムスもカラーパンツを持ってくるのもGOOD!

ロールアップ+ローファーで初夏の雰囲気を感じさせる“技あり” のコーディネート。

 

グラフチェック【知的な印象を演出】

largehttp://u0u1.net/C3Zf

方眼紙のように細い線で構成された格子柄で、ウィンドウペーンチェックよりマス目が小さいのが特徴。

2色構成が基本の上、シンプルなため、他のアイテムと合わせやすい。

14522987_8_D_500http://zozo.jp

ワイシャツなどでよく目にする柄。チェックが細かいのでネクタイなどつけて、ビジネスカジュアルスタイルに最適です。

 

タッタソールチェック【フェミニンな大人カジュアル】

10261972_B_08_500http://zozo.jp

タッタソール・チェックとは、二色のラインを交互に配した格子柄。
ロンドンの馬市場「タッタソール」で使用されたことが由来とされております。

10261972_B_04_500http://zozo.jp

うっすら赤みが入ったシャツに、ホワイトのボトムスの合わせは上品な大人だからできるスタイル。シューズも柔らかい雰囲気 を崩さないためにも、スニーカーで軽快 にスタイリングしてあります。

 

ブロックチェック【ネルシャツの定番!】

61981409http://u0u1.net/C3Zg

同一色の濃淡で構成された柄物のことを指します。

17658454B_19_D_500http://zozo.jp

定番のフランネルシャツにデニムで合わせたカジュアルスタイル。大きめのチェック柄が細身の体型の方でも力ずよく みせることができます。

加工が入ったデニムパンツなどとあわせれば、ストリートの要素をプラスする事ができるので、スケーターや3代目j Soul brothers 好きな方にはオススメです。

 

春のチェックシャツコーディネート

▲目次に戻る

チェックシャツ×デニムジャケット

idcd18567_1w300h540

コーデの詳細・購入はこちら

レイヤードスタイル

デニムジャケットにチェックシャツとカジュアルなアイテムな合わせですが、カットソー・シャツ・フード付きデニムジャケットと重ね着することで、簡単に真似できるレイヤードスタイルの完成。

全体的に細身のアイテムで合わせている点も“モテ”ポイント!

 

チェックシャツ×チノパンツ

idcd19521_1w260h468

コーデの詳細・購入はこちら

清涼感あるスタイリング

淡い色味のチェックシャツには、ボトムスも淡いベージュのチノパンツで合わせるが正解!シンプルになりすぎないようにボトムスはデザイン性の高いものを選びました。

3ジップのパンツはコーディネートのアクセントになり、従来のチノパンツのイメージも壊していません。

インナーのテレコ生地のカットソーも表情が豊かなので、春のお手本のようなコーディネートです。

 

チェックシャツ×パーカー

idcd18213_1w300h540

コーデの詳細・購入はこちら

同一カラーコーディネート

どうやって重ね着してるの!?と一瞬目を疑ってしまうスタイリングですが、フェイクレイヤード付きのダブルパーカーを羽織るだけでコーディネートの完成。

幼く見えないように、ブラックの同一カラーで統一し、ちらり見せるシャツがコーディネート力の高さを伺わせます。

今期流行中のホワイトスニーカーと合わせれば、女子受けが良いのは間違いなしです!

 

チェックシャツ×テレコカットソー

idcd16429_1w300h540

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルスタイル

シンプルなホワイトのカットソーは伸縮性バツグンの、テレコ生地のカットソーの物を選びました。トップスとボトムスを無彩色でまとめたので、アクセントでチェックシャツを肩がけすることで、コーディネートのアクセントになります。

足元はフォーマルなシューズで、全体の雰囲気がカジュアルダウンするのを抑えております。

 

チェックシャツ×カーディガン

idcd19200_1w300h540

コーデの詳細・購入はこちら

キレイめカジュアル

チェックシャツにショールカラーのカーディガンを羽織るだけで、キレイめカジュアルスタイルの完成。

パンツはメンズ・レディースともに流行中のカーゴパンツ。テーパードシルエットのパンツはキレイなシルエットはキープしつつ、履きやすいのが魅力だ。

インナーの赤の補色である緑をボトムスに持ってくるなど、コーディネート全体の配色も真似したいポイントだ。

 

チェックシャツ×デニムパンツ

idcd20384_1w300h540

コーデの詳細・購入はこちら

アメカジスタイル

大きなチェックのシャツにデニムパンツを合わせれば、王道のアメカジスタイルの完成。

ウェスタン調のシャツの男らしさを演出できる点や、デニムの程よいシワ加工感が、できる男のスタイリングだ!

シャツのボタンを開けてスタイルングする場合は、ネックレスなどの小物で胸元に少しセクシーさを出してあげるのがおしゃれポイント。

 

チェックシャツ×ジャケット

idcd18036_1w300h540

コーデの詳細・購入はこちら

ビジネスカジュアル

ジャケットのフォーマルのイメージを活かすためには、同系色のシャツを合わせましょう。グラフチェックのシャツはビジネスシーンにも最適なアイテムなので、簡単に真似できるビジネスカジュアルスタイルが出来上がる。

ボトムスはビジネスシーンではスラックスやコットンパンツが主流だが、今回はスリムチノパンツをチョイスし爽やかさもコーディネートに取り入れております。

 

秋のチェックシャツコーデ

▲目次に戻る

チェックシャツを個性的に着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

一枚でインパクトのあるチェックシャツをさらに個性的に着こなしたコーディネート。

パッチワーク柄のボトムスと合わせる事でシャツをさらに引き立てる事ができます。

 

ロングシャツで簡単レイヤード

コーデの詳細・購入はこちら

レイヤードスタイルを楽しみたい方はロング丈のシャツを一枚あしらうのがオススメ。

その際はインナーの長さはお尻にかからないぐらいの、丈にあわせわしょう。

 

チェックシャツでクールに決める

コーデの詳細・購入はこちら

シャツ、ボトムスをモノトーンの配色にし、サイズ感も共にスタイリッシュなアイテムで合わせております。

シューズも同系色で合わせる事でスタイルがよく見えるコーディネートに仕上がっております。

 

オンブレーチェックで存在感を

コーデの詳細・購入はこちら

存在感のあるオンブレーチェックのシャツをメインに、光沢感のあるボトムスと合わせる事で上品な着こなしに。

このコーディネートの印象を左右してしまうのがシューズのチョイス。

スニーカーで合わせるとカジュアルになってしまいますが、写真のように革靴と合わせる事でスタイリングを格上げしてくれます。

 

グレンチェックシャツで大人スタイリング

コーデの詳細・購入はこちら

ダークトーンのグレンチェックシャツは上品かつ大人なスタイリングを可能にしてくれます。

足下を白スニーカーで軽快さをプラスしてくれます。

 

ボルドーのシャツは秋を感じさせるマストアイテム

コーデの詳細・購入はこちら

季節を感じさせるのにカラーリングも重要な要素。

ボルドーのシャツを一枚羽織れば秋の訪れを感じさせる最適な一枚。

白Tシャツの上にさらりと羽織るだけで、スタイリングを完成させてくれる。

 

シャツ+ニットでオシャレ防寒スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ケーブルニットの下にシャツを重ねすぎしたスタイル。

ポイントは小ぶりな襟のシャツで、少し首元からシャツをのぞかせるのがポイント。

丈の長さもニットから2~3cmだすのがベストです。

 

デニムジャケットのシャツスタイルでアーバンに着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

デニムジャケットのインナーにチェックシャツを合わせれば、これまでにはない斬新なスタイリングに。

このスタイリングの配色もあまり見受けられない、ブルー×グリーンの合わせが目を引きます。

 

ジャケットの下にシャツでカジュアル差をプラス

コーデの詳細・購入はこちら

ジャケットのインナーにシャツを合わせるとエレガントな装いになるのが一般的だが、チェックシャツを合わせる事でカジュアルな印象を与える事ができます。

チノパンで合わせる事でさらに上品さの中にも柔らかい雰囲気をプラスしてくれています。

 

ボリュームブルゾンもチェックシャツで新攻略

コーデの詳細・購入はこちら

ボリュームがあるブルゾンはインナーがどうしても目立たなくなってしまうもの。

その点チェックシャツならボリュームブルゾンのインナーにあしらっても存在感を発揮できます。

 

冬のチェックシャツコーデ

▲目次に戻る

冬のチェックシャツを重ね着で楽しむ

コーデの詳細・購入はこちら

ダウンベストにチェックシャツ。アメカジの定番スタイルの完成です。

ダウンベストなど袖のないアウターだからこそ、インナーにチェックシャツをあしらうのがベストです。

 

デニムオンデニムスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

近年流行している、デニムのアウターにデニムパンツをあわせるデニムオンデニムスタイル。

そのインナーには無地などのアイテムをあわせるより、柄アイテムをあわせる事でコーディネートに若々しさをプラでき、スタイリングが上品に仕上がります。

 

ボア付きシャツで冬攻略

コーデの詳細・購入はこちら

厚手のチェックシャツにボアが付いたシャツなら防寒対策でも最適。

冬でもチェックシャツをメインに着用したい方には必須のスタイリングです。

 

オーバーサイズのシャツをスタイリッシュに決める

コーデの詳細・購入はこちら

秋などはチェックシャツをオーバーサイズに着用し、冬のインナーとして使えないと困っていた方。

その場合らアウターとボトムスを細身のタイプで合わせてチェックシャツのボリュームを抑えてあげましょう。

アウターとボトムスに目がいく事で高バランスのスタイリングに仕上がります。

 

ギンガムチェックで作る冬スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

細かな柄のギンガムチェックのシャツを同系色のダウンベストで合わせたコーディネート。

タウンユースに落とし込んだ、スタイリッシュ且つ上品なスタイリングはデートスタイルにも◎

 

キャメルのアウターで大人を漂わせる

コーデの詳細・購入はこちら

ボリュームあるキャメルのアウターに、グレーのスラックスを合わせた大人スタイリング。

無地どおしのアイテムの組み合わせだと、老け込んで見えてしまうマイナスな要素もあるので、チェックシャツなどの柄のアイテムでフレッシュにスタイリングを。

 

無彩色のレイヤードで冬を演出

コーデの詳細・購入はこちら

合わせるのが難しい白アウターも、他のアイテムを無彩色で合わせる事が攻略のポイント。

シャツとカーディガンの合わせは、アウターを脱いだ際もオシャレなコーディネートです。

 

チェックマフラー×チェックシャツ

コーデの詳細・購入はこちら

チェックアイテムどおしの組み合わせをスタイリングするさいはその他のアイテムを無地のアイテムで合わせるのがポイントです。

またアウターの色とシャツの色味を合わせる事で好バランスのスタイリングに。

 

グレーアウターは配色で決まる

コーデの詳細・購入はこちら

合わせるが難しいとされているグレーのアウター。

その際はグレーと高相性のブルーのシャツと合わせると◎

グレーの重たい雰囲気を軽減してくれ、GOODスタイリングに。

 

メルトンコートを都会の雰囲気に

コーデの詳細・購入はこちら

アウターはショート丈のアイテムが好きだ。そんな方にオススメなのが、メルトン素材のアウターです。

圧縮されたウールなので風通しも少なく、防寒アイテムに優れております。

ヒップにかからないぐらいの丈の長さに合わせる事で、スタイルがよく見せる事ができます。

 

チェックシャツ着こなし20選

▲目次に戻る

ポイント

チェックシャツといえば、単品で使えることはもちろんの事、アウターのインナーや、肩がけや腰巻 などのスタイリングのアクセントにも使える万能アイテム。

万能だからこそ、年間通して活躍できるアイテムなのです。

そんなチェックシャツと合わせたいアイテムと、オススメのスタイリング方法 をレクチャーしていきます!

 

ブロックチェックシャツ×デニムパンツ

ec88e5906369a15904d1c067f58b19eahttp://u0u1.net/C3Zi

シャツ・ボトムスを同系色でまとめ、トーン(明るさ)で変化をつけたトーンオントーンコーデ 。ブルー系のカラーしか使っていないが、3色使っているように見せる、技ありのスタイリングはおしゃれ上級者だからこそできたコーディネート。

足元のレースアップブーツを綺麗に見せるために、足首の上で計算されてロールアップしている点や、一切肌を露出しないことでワイルドさも演出している。

 

ビッグチェックシャツ×ワイドチノパンツ

16919979B_b_10_500http://zozo.jp

トップスのシャツをタイトに着用し、ボトムスをワイドタイプを合わせた“Aライン” コーディネート。

またトップスとボトムスを同系色で合わせる事で、統一感を演出し、ハットやシューズなども淡い色味 で合わせる事で、トップス・ボトムスの良さを活かしております。

ワイドタイプ且つアンクル丈のボトムスを選んだ際は、ハイカットのスニーカーとの合わせがよくマッチいたします。

 

チェスターコート×ギンガムチェック

20170119125306443_500http://zozo.jp

シルエットが細身のチェスターコートに、ギンガムチェックのシャツを合わせたキレイめコーデ。色味を統一しているので全体にまとまりがあります。スタイリッシュに見えるブラックの色を上手に利用した、コーディネートです。

コーディネートの際に重要視されているのがシューズですが、現在はボトムスとシューズのつなぎの意味もあってソックスにも注目すべき点です。

足元のホワイトのソックスをチラ見せできるように、ロールアップし細かいところまでおしゃれに気をつけている且つ、無地のソックスを選んだところから、全体のバランスがとても良く見えます。

 

タータンチェック×コットンパンツ

2A86EC3300000578-3161175-image-m-16_1436893331019http://kashi-kari.jp/lab/post-2020/

赤と緑のラインが入ったシャツも第一ボタンまで締め、モードの要素をプラス。トップスが暗めな色なので、ボトムスはグレーのコットンパンツをチョイス。

全体のバランスを整えるために、ブラックのハイカットスニーカーを選ぶ点は是非真似したいポイントだ。

ストリートの要素とモードの要素をうまく融合した、新感覚のモードストリートコーディネートは今後注目されてほしい。

 

フランネルシャツ×ライトカラーデニム

17758261B_b_21_500http://zozo.jp

トップスとボトムスを同系色で合わせたコーディネート。ライトブルーのデニムは春先から夏場まで重宝されるアイテムだ。ボトムスの丈をアンクル丈にする事で、フェミニンさ をプラスし、コーディネートに色気と軽やかさをだしております。

シューズはブルーの補色でもある、イエローベース のものをチョイスすることで、シューズ自体の存在感を増すことができる。

これはアンクル丈のパンツだからこそできるスタイリングで、フルレングスのパンツの場合は、パンツの裾とシューズが被さってしまい、チカチカしてしまうので注意してほしい。

 

ネイビージャケット×マドラスチェックシャツ

81http://kurumani.com/?cat=87

ポップな配色が多いマドラスチェックシャツは、ジャケットなどのインナーで合わせるのが正解◯袖からもチェック柄を“ちらり” とみせる小技を見せるなど、ファッションを楽しんでいますね♫

ショーツにシャツをインした際にベルトが見えてしまいますが、ジャケットとショーツの色味を統一 するためにベルトをしないという、細かなところまでこだわったコーディネートです。

 

マドラスチェックシャツ(腰巻)×ホワイトパンツ

16166099B_b_18_500http://zozo.jp

チェックシャツの着こなしは、羽織るだけでなく肩にかけたり、腰に巻く事でコーディネートのアクセントになる事です。

今回のコーディネートではメンズがもっとも似合うのが難しく 、コーディネートしにくいボトムスの色味でもある“ホワイト” のボトムスを“コーディネートしやすく”するためにも腰にシャツを巻く事で、ホワイトの色味が軽減され、スタイリングに取り入れやすくなります。

 

バッファローチェック×ブラックスクニーパンツ

16786726B_b_20_500http://zozo.jp

シャツとボトムスの色味をブラックで統一すれば、大人のスマートカジュアルスタイルの完成。起毛素材のシャツは、単品使いでも上品に着用でき、足元もローファーで外す“遊び心”も忘れていない。

カジュアルな印象になってしまう、シャツの腕まくりもこのコーディネートだからこそありなのかもしれない。

 

マウンテンパーカー×ロングギンガムシャツ

20170217153406472_500http://zozo.jp

アウトドアの印象をあたえてしまう、マウンテンパーカーもチェックのロングシャツをあわせれば、タウンユース に落とし込んだレイヤードスタイル の完成だ。

またサングラスやバックパック、スニーカーなどの小物をブラックで統一することで、体のシルエットがよりスマートに見えるのでGOOD!

 

ダウンベスト×チェックシャツ

02http://kurumani.com/?p=6485

インパクトの強い、赤×黒の配色のチェックシャツにはダウンベストで、落ち着かせるのが良し!ほど良いサイズ感のデニムパンツをロールアップし、足元はスウェード素材のシューズを合わせるなど、カジュアルダウン しすぎないように、ポイントで気をつけている。

ダウンベストとのバランスを考え、袖まくりや前ボタンの開け方など、全体のバランスを考えたコーディネートは上級テクニックだ。

 

タータンチェックシャツ×チノパンツ

17611167B_b_16_500http://zozo.jp

チェックシャツを差し色に使ったコーディネート。ボトムスとアウターの色を同系色で揃え、インナーをブルーで差し色に。

ちらりと見えるホワイトソックスのあわせかたや、シャツがアウターからはみ出ない絶妙なバランスなどスタイルを悪くみせない、洋服の着こなし術はGOOD♫

ボトムス・アウター共に無地のアイテムをチョイスした場合、大きめのチェックのインナーはコーディネートに若々しい要素を加えてくれます。

 

明るめチェックシャツ×スウェットパンツ

17251830B_b_01_500http://zozo.jp

明るめのチェックシャツには、無彩色のスウェットパンツで外すのが正解。ラフな印象を与えすぎないように、タイト目のサイズ感のシャツを選ぶことでタウンユースに落とし込みました。

スウェットもスキニータイプのサイズ感にすることで、どこかこ洒落印象をあたえてくれる。

スニーカーでの合わせや、明るめのハットのチョイスなど細かいところまでスタイリングを気にしているぞ!

 

フード付きチェックシャツ×キレイ目ハット

12938499B_b_07_500http://zozo.jp

カジュアルな印象を与えてしまうブロックチェックのシャツも、小物などでキレイ目の要素を取り入れればエレガントな雰囲気を加えることができる。

またシューズもスニーカーなどカジュアルなアイテムではなく、革靴であわせボトムスと同系色のなので、スタイリングがまとまって見える。

 

チェックボタンダウンシャツ×スニーカー

13444553B_b_24_500http://zozo.jp

ボタンダウンシャツは他の形状のシャツに比べ、軽い羽織りとして使えるのでライトアウター感覚で着用したい。

足元はシャツと同系色のスニーカーで全体的に色数を限定することで、コーディネートに統一感を演出しております。

 

チェックシャツ×ショートパンツ

ab483692a218375933d7088b3686b9achttp://u0u1.net/C4gi

着丈の短いシャツを選び、インナーはロング丈のアイテムをチョイス。

簡単にマネできるレイヤードスタイルをトップスでつくり、下半身は膝上のショーツを合わせる事で、コーディネートのバランスが良くなっております。足元もスニーカーで軽やかさを演出している点が、初夏の雰囲気を漂わせる。

 

バンドカラーチェックシャツ×ワイドスラックス

14232478B_b_17_500http://zozo.jp

立ち襟仕様 になっているバンドカラー のシャツは、単品使いでもスタイリングが完成する万能アイテム。

エレガントな雰囲気を崩さないためにも、スラックス+ローファーでキレイ目要素をさらにプラスしております。アンクル丈になっているのでくるぶしの“ちらりみせ” がモテポイント。

 

タータンチェック×カーディガン

20140828112205112_500http://u0u1.net/C4iL

インパクトの強い配色のチェックシャツにはカーディガンなどを羽織る事で、自然とコーディネートに取り入れられる。

トップスが明るいのでボトムスはブラックのスキニーパンツを合わせる事で、スタイリングのバランスを考え、スニーカーはカーディガンと同系色で 合わせる事で、ごちゃごちゃせずまとまりのある コーディネートの完成だ。

 

ポイント

06http://u0u1.net/C4ja

チェックシャツを男らしく着こなしたい。そんな時にオススメがレザージャケットとのスタイリング。レザージャケットからちらりと見えるチェックシャツが、重苦しい レザージャケットのイメージを軽減してくれる。

レザージャケットをカジュアルに着こなす場合、ベースボールキャップやデニムパンツなど、カジュアルなアイテムとあわせるのがオススメです。

 

ロングチェックシャツ×ブラックアイテムコーデ

20141226122913108_500http://zozo.jp

全体的に細身のアイテムでコーディネートした、Iラインコーデ。着丈の短いアウターにロング丈のシャツをあわせれば、レイヤードスタイルの完成だ。

レザージャケットにロングシャツとコーディネートのバランスが上半身にいってしまうので、厚底のシューズを合わせる事で、コーディネートのバランスが良くなります。

 

レッドチェックシャツ×カーゴパンツ

15290882B_b_19_500http://zozo.jp

チェックシャツにカーゴパンツと一癖あるコーディネートだが、赤の補色である緑を選ぶ事で、コーディネートのバランスが良くなります。

ミリタリー要素の強いカーゴパンツもスウェード素材のシューズと合わせれば、スタイリングを引き締める効果があります。シンプルになりすぎないようにハットなどの小物をあわせてる点もGOOD♫

 

最後に

▲目次に戻る

みなさまチェックシャツのコーディネート着こなし方いかがでしたでしょうか!?

筆者もチェックシャツは複数枚所有している、必須アイテムですが、昔はコーディネート術がわからずにカッコ良く着こなす事ができませんでした。

 

そんなときに海外の有名人やスポーツ選手が、シンプルにカッコ良く 着こなす姿をみてチェックシャツの着こなし方を猛勉強しました。笑

いろんなアイテムを着ていて気付いたのがチェックシャツって“年を重ねても長年カッコ良く着れる” アイテムだということです。

 

そんな万能アイテムをみなさまも是非クローゼットの一員に加えてあげてくださいね!


The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

SNSで更新情報をチェック♪

Twitterフォロー


Facebookいいね!

 

-アウター

Copyright© プロが教えるファッションコーデ術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.