アパレル歴10年のスタイリストがレクチャーします。

プロが教えるファッションコーデ術

インナー

白Tシャツのおすすめコーデ20選+人気ブランド特集

更新日:


みなさんこんにちは!今回はメンズなら誰しもが一度は手に入れた事がある、定番アイテムと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

そのアイテムはオールシーズン着用でき合わせやすさや、使い勝手の良さは群を抜いております。

こたえは“白Tシャツ”です!

そんな定番でもあり、人気の白Tシャツのオススメブランドや着こなし術を解説していきます。

今さら聞けない白Tシャツをとくとご覧ください。

この記事の目次

白Tシャツのトレンドは?

出典:zozo

現在の白Tシャツの着こなしのトレンドは、普段きているサイズより、1~2サイズあげて着用するのがイマドキな着用方法です。

白Tシャツ、特に無地のタイプのデザインを通常のサイズで着用してしまうと、肌着に間違われてしまい、白Tシャツの魅力が軽減されてしまいます。

またデザインもグラフィックやプリントされているタイプよりも、無地のタイプが主流となっております。

 

白Tシャツの特徴

出典:zozo

白Tシャツは夏場では一枚着でも様になりますし、その他のシーズンでもインナーとしての使い勝手の良さから重宝されています。

その一方で汚れが目立つや、襟元、袖もとなど汗やシミなどが目立ちやすいので、他の色のTシャツに比べデリケートな色味とも言えます。

また何度か洗濯してくたびれていくと、だらしない印象も与えてしまうので注意が必要です。

 

白Tシャツの魅力

デザイン・種類が豊富

出典:zozo

各ブランド毎年何枚もの白Tシャツをリリースしているので、そのデザインやバリエーションは豊富です消費者を飽きさせることはございません。

好きなブランドでもデザインの違う白Tシャツを何枚も持てるのが魅力ですね。

 

爽やかな印象を与える事ができる

出典:zozo

白Tシャツは着ている人の印象を一段と爽やかな印象にしてくれます。

よく洗剤のCMで真っ白に洗いあがった洗濯物を見せる、モデルさん達もCMでは白Tシャツを着ていますね。

他にもインナーを白に変えるだけで、春の訪れを感じさせるような気持ちにさせてくれます。

 

白Tシャツは倒的に使いやすい

出典:zozo

メンズファッションの定番でもあるアウターのインナーに合わせやすさ抜群なのが白Tシャツなのです。

ジャケットやデニムジャケット、ライダースジャケットにMA-1など、メンズの主流アイテムのインナーにはこぞって白Tシャツを合わせる方が多いです。

 

白Tシャツの選ぶときに押さえておきたいポイント

サイズ選び

出典:zozo

①アウターのインナーとして着用→ジャストサイズ又はワンサイズ小さいサイズ。

解説
一般的な着こなしとして、ジャケットなどなアウターのインナーはジャストサイズで着用するのがオススメです。

大きいサイズを着用してしまうと、ジャケットの裾からインナーが見えてしまったり、脇の部分がゴワゴワして、着ていて不快な思いをしてしまいます。

 

生地・素材・厚さ

出典:zozo

素材はコットン生地が一般的とされております。汗の吸収や値段も比較的安価な為市場に多く出回っております。

その他にも夏場には、綿と麻が混ざった通気性が良い素材のアイテムも良くみかけます。

また夏場でも生地は厚めのタイプを選びましょう。夏だから厚手だと暑いのでは?と思う方は多いと思いますが、薄手だと汗でTシャツがくっつき透けてしまう恐れがございます。

一枚着でも厚手の方がインパクトがありカッコいいので断絶厚手をオススメします。

 

透ける、透けない

出典:zozo

前述で述べた通り、薄手の生地のタイプだと汗をかいた際に透けてしまう恐れがあります。

その為に生地を触った際に、しっかりと触った感触があるぐらいの厚さのTシャツを選びましょう。

 

 

白Tシャツの着こなしで押さえておきたいポイント

着丈の長いタイプがマスト!

出典:zozo

スタンダードなタイプの白Tシャツのお持ちの方は、ロング丈のTシャツにチャレンジしてみよう。

ロング丈のTシャツならレイヤードスタイルを楽しむことができ、冬場などニットの下に着用する事も可能です。

 

重ね着でコーディネートにアクセント

出典:zozo

白Tシャツの下に長袖のTシャツを合わせてレイヤードする事で、コーディネートにメリハリをつける事ができます。

その際に白Tシャツは大きめのサイズ、中の長袖Tシャツは小さめのサイズ且つ、細身のタイプを選びましょう。

 

【季節別】白Tシャツのおすすめコーディネート

この項では、白Tシャツのおすすめコーディネートを季節別にそれぞれ紹介します。

⇒春の白Tシャツコーデへ進む
⇒夏の白Tシャツコーデへ進む
⇒秋の白Tシャツコーデへ進む
⇒冬の白Tシャツコーデへ進む

春の白Tシャツコーデ

春のIラインコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

全身を細身のアイテムでまとめたIラインコーデ。体のラインをキレイに見せる事ができスタイリッシュな印象を与える事ができます。

差し色のキャメルをブルゾンとシューズで使った、お手本にしたい3色コーデです。

 

春ジャケットは清涼感が大切

コーデの詳細・購入はこちら

だんだん暖かくなる季節には、重たい色のジャケットより青などの清涼感溢れる色味を合わせる事で、春っぽさが増します。

またゆったりとした、シルエットのボトムスと合わせる事で大人の遊び心をプラス。

 

モノトーンでも軽いシャツなら春を演出

コーデの詳細・購入はこちら

カットソーの上からシャツを羽織ったシンプルなスタイリングだが、モノトーンてままとめているので、スタイリッシュ且つモダンな雰囲気を演出できます。

春っぽいコーディネートを演出するのに、必須な白スニーカーで合わせている点も◎

 

デニムコートは春のヘビロテアイテム!

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルな印象を強く与えてしまう、デニム素材のアイテムですが、デニムコートなら大人っぽくオフィスカジュアルにも使える万能アイテム。

上半身にコーディネートのバランスが多くいってしまうので、ローカットのスニーカーで合わせてあげる事で好バランスのスタイリングに。

 

ロング丈のパーカーで遊び心を

コーデの詳細・購入はこちら

短い丈のパーカーなら、カジュアルな印象が強くなってしまいますが、ロング丈のパーカーならライトアウター感覚で着用できるので、春のお出かけには最適です。

ボトムスとシューズの色味を合わせているので、足長効果も演出しております。

 

夏の白Tシャツコーデ

夏のモノトーンコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

カットソーにスキニーパンツを合わせた、シンプルな組み合わせだが、モノトーンなのでスタイリッシュに見えるスタイリング。

無地のアイテム通しの組み合わせも大人っぽさを演出している。

 

夏のアメカジはサイズ感で作る

コーデの詳細・購入はこちら

ガレッジ風の文字がプリントされたTシャツに、ゆとりのあるボトムスを合わせればアメカジスタイルの完成です。

足下のロールアップやベルトをさりげなく見せるのが現在風のスタイリングです。

 

大人リラックススタイル

コーデの詳細・購入はこちら

周りと同じようなコーディネートになってしまう夏のコーディネートはボトムスで差をつける。

ゆったりとしたシルエットのボトムスですが、裾に向けて絞られているので美シルエットです。

 

カジュアルビーチスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

夏のビーチスタイルにしろTシャツは最適なアイテムです。他の人と差をつけるようにポケットがオシャレキーポイントです。

 

個性派パッチワークコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

1枚で個性的且つオシャレなコーディネートが可能なのが、パッチワークになっているTシャツ。

Tシャツ生地にフードがついているデザイン性もよく、カジュアルなスタイリングに最適です。

 

秋の白Tシャツコーデ

ジャージアイテムでスポーツMIXスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

柄物のジャージアウターを着用した場合、インナーは無地のアイテムで合わせるのが最適です。

ボトムスをスタイリッシュなデザインのアイテムで合わせれば、流行りのスポーツMIXスタイルです。

 

秋のストリートスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

デニムジャケットをオーバーサイズに着用し、ストリートの定番でもあるスター柄がより雰囲気を格上げしております。

ジャージ素材のボトムスでのはずしがオシャレ上級者の着こなし。

 

爽やかデートスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ライトアウターにニット素材の羽織りが爽やかで女性からも好印象◎

モノトーンでまともて大人の余裕を感じさせるコーディネートです。

 

落ち着いた色味で秋をまとめる

コーデの詳細・購入はこちら

気温が下がってくる時期だからこそ、落ち着いた色味でまとめるのが鉄則。

リュックの色もコーディネートで使っている色味で統一する事でまとまり考え生まれます。

 

ジャケットをカジュアルに着こなす!

コーデの詳細・購入はこちら

イタリアンカラーのジャケットにパーカーを差し込む事でカジュアルなスタイリングを可能にしてくれます。

ブルーと相性のよい、白Tシャツとあわせれば女子受け抜群のモテスタイル。

 

冬の白Tシャツコーデ

ブラックコーデに白を差し込む

コーデの詳細・購入はこちら

ボリュームのあるアウターだからこそ、インナーはTシャツなど薄手のアイテムと合わせる事でGOODバランスに。

黒と白の2色使いでまとめているので、スタイリッシュに見せる事ができるスタイリングです。

 

冬のアメカジスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

チェックシャツにチノパンの定番のアメカジアイテムに冬はダウンベストを合わせるのがベスト。

流行りのデニム風のベストなら最先端のスタイリングの完成です。

 

パーカーレイヤードで冬の重ね着コーデ

コーデの詳細・購入はこちら

肉厚なアイテムが多くなる冬の季節を野暮ったくみせない為には、Tシャツやパーカーなどを重ね着して、しっかりと防寒対策を。

同系色でまとめるのが、スタイリングをスタイリッシュに見せるポイントです。

 

冬はブラックで男の格上げ

コーデの詳細・購入はこちら

冬のブラックコーディネートは男を一段と格上げしてくれるカラー。

素材感の違う黒アイテムでのコーディネートが、オシャレ上級者の着こなしです。

 

おしゃれジャケットで防寒対策レイヤード

コーデの詳細・購入はこちら

冬場でもオシャレにジャケットを着こなしたい。厚めの生地のジャケットに、カットソー、パーカーを合わせれば風通しも防げタウンユースに落とし込んだスタイリングに。

 

白Tシャツおすすめブランド12選

『AKM』

出典:zozo

身体にフィットするタイトなデザインが魅力のブランド。デザイナーが厳選した素材のみを使っているので着心地も抜群です。

そんなTシャツも¥3,000前後で購入できます。

 

『ヘインズ』

出典:zozo

有名なセレクトショップとのコラボでも話題になったヘインズ。

2枚組で¥2,800前後と安価な価格帯から、何枚も購入する人も多いです。

特に肉厚なBEEFY-Tが人気があり、幅広い年代の方に支持されております。

 

『ザ・ノース・フェイス』

出典:zozo

登山ブランドとして有名な同ブランド。登山用品には止まらず、タウンユースに落とし込んだオシャレなデザインのアイテムむ多数リリース。

登山ブランドだけあって機能性にも着目を置いたブランドです。

 

『チャンピオン』

出典:zozo

スポーツブランドとしても有名なチャンピオンですが、現在は若い世代を中心にブームが再熱しスポーツテイストを取り入れた格好には◎

 

『アナトミカ』

出典:zozo

価格帯も¥6,000前後とTシャツにしては少しお高く感じられますが、日本では珍しい12番単糸を使用した肉厚なTシャツなど、1枚で着用しても存在感があるアイテムは魅力的。

無地などのシンプルなデザインが多いので、着回ししやすいのが◎

 

『エスペラント』

出典:zozo

イタリアンレザーを使った財布やバックを中心に販売しているブランドだが、Tシャツやデニムなどシンプルなアイテムも展開。

素材にこだわった価値のあるアイテムが魅力です。

 

『サンスペル』

出典:zozo

イギリスの老舗アンダーウエアブランド。有名な映画『007』でも俳優さんがサンスペルのアイテムを着用するくらい人気のブランドです。

 

『A.P.C.』

出典:zozo

モード系のブランドとして昔からのファンが多いブランド。

無地などのアイテムが多く、サイズ感も大きすぎず、細すぎない大人仕様。

 

『ベアフットドリームス』

出典:zozo

心地よい触り心地や、エレガントな気持ちにさせてくれる。ブランケットが有名ですがTシャツも着心地は◎

プレゼントにも最適です。

 

『スリードッツ』

出典:zozo

3つのドットには、pure(シンプルで洗練されていること)、effortless(自然体でいられる気持ちよさ)、luxury(最高の素材からくる上質感)の3つの意味が込められています。

半袖Tシャツで¥10,000を超えるハイクオリティなアイテムは一度は試しておきたいもの。

 

「白Tシャツ専門店」

名前の通り数多くの白Tシャツを取り揃える専門店。お気に入りの白Tシャツもここなら見つかるはずです。

 

「ユニクロ」

メンズ・レディース・キッズと幅広いアイテムを展開するファストファッションブランド。

低価格のアイテムはもちろんのこと、ハイブランドとのコラボやアニメ・キャラクターとのコラボなど消費者をあきさせない販売戦略で次々と新しい商品がリリースされます。

 

白Tシャツに合わせたいアイテムは?

他サイトで上がっていたアイテム(帽子、タンクトップやTシャツの重ね着、リュックサック、ベスト、シャツ、ボトムス「デニム、チノパン、黒パンツ)

リュックサック

出典:zozo

夏場など白Tシャツをよりカジュアルに楽しみたい方は、ブラックのリュックサックを合わせるのがマスト。

コーディネートのアクセントにもなり、プラスワンアイテムとして優秀です。

 

黒パンツ

出典:zozo

オールシーズン白Tシャツに最適なアイテムと言っても過言ではないのが、黒スキニーパンツ。

白との相性が良いことや、モノトーンにスタイリングする際にも重宝されます。

 

タンクトップ

出典:zozo

白Tシャツをそのまま着るだけでは満足ができない。そんな方にオススメなのが白Tシャツの下にタンクトップを着込みレイヤードスタイルを楽しむことをオススメします。

その際に白Tシャツより丈の長さが10〜15cm長い着丈のサイズを選び、レイヤードするのが黄金バランスと言えるでしょう。

 

デニムパンツ

出典:zozo

白Tシャツにデニムパンツを合わせることで、定番のアメカジスタイルの完成です。

海外のセレブや有名人にも多く見られるスタイリングで、簡単に真似できるスタイリングです。

 

さいごに

みなさま白Tシャツのオススメブランド&季節別のスタイリングはいかがでしたでしょうか?

参考にしたいコーディネートや興味を持ったブランドが一つでも見つかってくれたら幸いです。

何かと使い勝手がよく、年間通して使えるアイテム“白Tシャツ”!みなさんもお気に入りの1枚を見つけて白Tシャツコーデを楽しんじゃってくださいね。


The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

SNSで更新情報をチェック♪

Twitterフォロー


Facebookいいね!

 

-インナー

Copyright© プロが教えるファッションコーデ術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.