アパレル歴10年のスタイリストがレクチャーします。

プロが教えるファッションコーデ術

シューズ

ローファーの春夏おすすめコーデ+人気ブランド特集

更新日:



みなさんこんにちは!メンズファッションのおしゃれにかかせないアイテムといえば“ローファー” ですよね!

そんなローファーにチャレンジしたいけどなかなかコーディネートに取り入れることができない・・。そんな悩みを抱えている方のために、ローファーのおしゃれコーディネート術 を記載していきます*

この記事の目次

ローファーとは

ローファーとは革靴 のことをいいます!革靴で靴紐を結ぶ必要のないシューズのこと(スリッポンslip-on)

それならローファーではなく革靴と呼べばいいのでは?と思うかとも思いますが、基本的にスーツにローファーを合わせるのはビジネスシーンではNG とされております。

ローファーの名前の由来が英語で“怠け者”という意味を持ち、ビジネスシーンではカジュアルな種類に分類されてしまうので履くべきではないとされております。

ローファーの選び方

▲目次に戻る

(サイズの選び方)革靴は少しきつめを選ぶ

ローファーの良いところでもある、靴紐がない分着脱が楽な利点がありますが、ジャストサイズ でのサイズ選びがポイントになります。

最初はきつく感じるサイズ感で合わせておいても、革が馴染んできて柔らかくなり、当初きつく感じていたシューズも馴染んできて、自分の足にフィットしてきます。ポイントとしては自分の指が第一関節 まで軽くいれることができるのがオススメです*

選び方ポイント2横幅のフィット感

革靴に限らず靴選びの際に自身の足の形が、横幅が大きいのか甲高なのかにもよってきますが、横幅はぴったりなサイズ感 のシューズをあわせましょう。

横幅に余裕があると、正面からのビジュアルがカッコ悪いのと、スタイリッシュさが売りのローファーの良さをなくしてしまいます。

選び方ポイント3足の甲のフィット感

前節でも記載した通り、ローファーの良さはスタイリッシュに着用するところに利点があります。足の甲に余裕があると、歩きにくさに加え中のソックスが見えてしまうなど、マイナスな要素が働いてしまします。

足の甲がぴったし革靴にくっつくサイズ感のシューズを選びましょう*

ローファーの素材

▲目次に戻る

スエード

子羊や子牛の皮の裏面を起毛させたもので、主に秋から冬にかけて着用されることの多い素材です。その起毛された風貌が温かみがあり、スエードでも1点1点光沢感が違う など、シューズごとに特色があるのがポイントです。

水などには弱く濡れてしまうとその箇所のみ、色味が変化 してしますので注意が必要です!

エナメル

エレガントな雰囲気を演出できるのが、エナメルのローファー。フォーマルな場所での着用 でコーディネートを一段と格上げしてくれるアイテムはパーティーなどでも重宝されるアイテムです。

細身のスラックスやボトムスの裾をロールアップしてシューズを主張してあげましょう*

革靴

ローファーの一般的な素材でありもっともポピュラーな素材 なのでもっとも親しみがある素材です。着用していくごとに経年変化を楽しむことができ、自分の足に素材がフィットしてくるのが特長です*

ローファーの種類(人気順)

▲目次に戻る

タッセルローファー

プレッピースタイル(アメリカ西海岸のエリート学生スタイル)にはローファーにソックス見せが好相性◎

ジャケットできっちりと決めているが、その他でのアイテムの外しがコーディネートを一段と格上げしてくれる。

【BERWICK バーウィック】 タッセルローファー

詳細・購入はこちら

創業300年の老舗ブランド。シンプルなデザインながら、なグッドイヤーウェルテッド製法で製造されるレザーシューズは履き込む程、南人できます。

高い品質で長年使っていただけるのと、美しいデザインに定評 があるブランドは、ヨーロッパ各国、及びアメリカに古くから輸出されています。

コインローファー

最もローファーで定番でもあるコインローファーはシンプルなデザインなので、シンプルなアイテムとの合わせるのが◎

スタイリッシュなデザインなのでどんなコーディネートにも合わせやすいので、一足は持っておきたいアイテムです。

BICASH(ビカーシ) コインローファー No.008

詳細・購入はこちら

バングラデッシュの靴工場で製造され、2011年にスタートした新しいブランドであるが、スタンダードで履きやすいデザイン からファンになる方も多い。

“BICASH”とは、バングラデシュの公用語であるベンガル語で、“広がる”等の意味を持つ言葉です。

ビットローファー

オールブラックコーディネートの中にもビットがコーディネートのアクセントになります。

ローファースタイルにアンクル丈のボトムスを合わせることでくるぶしを見せ、フェミニン要素をプラス。

[カミナンド] CAMINANDO BIT LOAFERS ビットローファー

詳細・購入はこちら

カミナンドは2008年にスタートした日本のブランド。ワーク、ミリタリー、スポーツ、トラディショナル、ドレスアップと様々な分野 のシューズがあるのが魅力。

ペニーローファー

シンプルなデザインのペニーローファーにブラックスキニーパンツでスタイリッシュさを演出。

ボトムスとシューズを繋ぐ靴下の使い方がこのコーディネートのキーポイントです。

 COLE HAAN(コール ハーン) ペニーローファー

詳細・購入はこちら

1928年に誕生したコール ハーンは革新的なデザインを取り入れた、メンズ・ウィメンズのシューズブランド。その革新的なデザインはシューズだけでなく、バッグ、アウターウェア、アクセサリーも展開 するアメリカのブランド。

厚底ローファー

身長が盛れることもあり、若者を中心に人気に火が付いたのが厚底ローファー。

靴底がゴムのように柔らかい素材になっているタイプが多く、長時間歩くのにも適している為、気軽にカジュアルファッションを楽しみたい方にはオススメです。

FABIO RUSCONI(ファビオルスコーニ)   厚底シャークソール

詳細・購入はこちら

イタリアフィレンツェのシューズブランド。行動的・洗脳された・若々しさ などをシューズを履いていただく人のライフスタイルに寄り添ったブランド。

スリッポンローファー

全体的に細身のアイテムでまとめたIラインスタイルには、スタイリッシュなスリッポンタイプのローファーが好相性。

冬場など重たい色のアイテムがコーディネートを占める割合が多いので、足元は色物をいれてあげることで他の人との差別化をはかることが出来ます。

O-NINE[オーナイン] スリッポン ローファー

詳細・購入はこちら

日本のサンスイトレーディングが立ち上げたプライベートブランド。若者の心をくすぐる斬新的なデザイン のシューズは、リーズナブルな価格設定もありオシャレに敏感の若者〜社会人まで多くの人が愛用しております。

スニーカータイプ

カジュアルなスタイルの定番がスニーカータイプのローファーです。スニーカーとローファーの中間位のボリュームで素材が革でできている為に、カジュアルすぎずエレガントすぎないバランスがストリートシーンで旋風を巻き起こしています。

E-FASHION メンズローファー スニーカータイプ

詳細・購入はこちら

カジュアルシューズの定番でもある同ブランドは、リーズナブルな価格設定 に加えシンプルで使い勝手の良いデザインも手伝い、ファッショニスタの定番アイテムになっております。

ローファーのブランド(人気順)

▲目次に戻る

ハルタ

学生御用達のブランドのイメージが強いハルタだけにジャケットとの相性は◎

スキニーパンツと合わせくるぶしを見せてあげることで誰からも好印象な清涼感あふれるスタイリングです。

 HARUTA[ハルタ] 本革タッセルローファー

詳細・購入はこちら

学生の頃に着用するイメージがあるハルタのローファーですが、大人になってもカッコよく着用できるオシャレさんの定番アイテム。

本革なので長年使えば使うほど革が馴染んできて経年変化 を楽しむことができます。

リーガル

ショートパンツを履いた際は、カジュアルになりすぎないように革靴で合わせるのがこの夏の鉄板。

さりげなく温かみのある色でコーディネート全体を仕上げているセンスは是非真似したいものです。

REGAL(リーガル) メンズ  ローファー 3E JE02AH

詳細・購入はこちら

ビジネスシューズのイメージが強い同ブランドですが、ローファーも本革を使用しており、他の国のブランドに比べ良質な革が良心的な価格 で購入することができます。

日本にも店舗数が多く、アフターフォローもしっかりしているので、長年シューズを愛用したい方にオススメです。

グッチ

ブランドの特色が前面に出ており、個性が強いブランドだけに他のアイテムはシンプルにすることでコーディネート全体のバランスがよくなります。

ローファーでもエレガント要素が強いブランド なのでパーティーシーンなどでも飾ることができるスタイリングです。

GUCCI(グッチ) ホースビット ローファー

詳細・購入はこちら

イタリアの老舗ブランド。セレブ御用達のブランド でもあり、ショートパンツにあわせてもエレガントに決まるデザインのかっこよさ、年間通して使えることを考えると、ハイパフォーマンスのアイテムだ。

ghbass

足元をロールアップしてソックスを見せてあげることでコーディネートに軽快さが生まれよりPOPな印象をあたえます。

トレンチコートを着てコーディネートの重心がトップスにいきがちなのでローファーでうまくスタイリングのバランスをとっております。

G.H.BASS(ジーエイチバス) ローファー

詳細・購入はこちら

G.H.Bassとは “ジーエイチバス”は1876年GeorgeHenryBASS氏により米国で創業された老舗シューズブランド。世界初ではじめてローファーを作られた会社でもあるので、ローファー発祥のブランド になります。

チャーチ

メンズでも流行中のワイドパンツにもローファーは好相性。

ワイドパンツの場合、ローファーが隠れてしまうので大きめにロールアップすること、トップスをタイトなサイズなものを選ぶことでAラインコーデの完成です。

Church's(チャーチ) ローファー 8742

詳細・購入はこちら

イギリス発祥のブランド。日本のセレクトショップにも多く並んでいるため、認知度は高いが値段の3割は関税 によるものなので、値段の割にはコストパフォーマンスが悪い商品といえるであろう。

ヴァンプ

きっちりとしたビジネスシーンではあまり好まれないローファーのスタイリングですが、ビジネスカジュアルでは欠かせないアイテムです。

ネイビーとグレーその2色と相性の良いブラウンのローファーをもってくることでコーディネートが重たくなりすぎないように演出できます。

VAMP[ヴァンプ] メンズ ローファー

詳細・購入はこちら

シンプルなデザインが多い同ブランド。ローファーの入門編でもあり、ビジネスシーンでも見かけるはリーズナブルな価格設定 にあるだろう。

リゲッタ

RegetA(リゲッタ) ローファー

詳細・購入はこちら

日本の職人が仕上げたからこその履きごこちのよさや、歩きやすい、そして日本人の心をくすぐる可愛らしさから 人気のシューズブランド。お手軽な価格設定も嬉しいポイント*

エルメス

HERMES(エルメス) ベルトストラップレザーローファーシューズ

詳細・購入はこちら

バックや財布などで人気のエルメスもローファーは上品かつエレガントなデザイン 。シンプルで飽きがこず長年使える上質な革だけに、愛用者も多い。

激安ローファーブランド

▲目次に戻る

 MM/ONE(エムエムワン)

 MM/ONE(エムエムワン)ビット ローファー 3,980円

詳細・購入はこちら

日本のサンスイトレーディングが立ち上げたプライベートブランド。もともとはビジネスシューズで有名 になりリーズナブルな価格設定もあり、現在人気が急上昇中。

LASSU&FRISS(ラスアンドフリス)

カジュアルなデニムパンツのスタイリングを、大人カジュアルに格上げしてくれるのがローファーとの合わせです。

シンプルなトップスと合わせても足元がエレガントなのでその絶妙なバランスが大人の余裕を感じさせるスタイリングです。

LASSU&FRISS(ラスアンドフリス)  ビットローファー 4,212円

詳細・購入はこちら

たたかうビジネスマンを応援する同ブランド。洗脳されたスタイリッシュなデザイン は、幅広いスタイリングに対応できる万能アイテム。

Dedes(デデス)

Dedes(デデス)  踵が踏める楽ちんローファー

詳細・購入はこちら

はき心地の良さと、軽さがポイント の同ブランド。今ままでのローファーの弱点でもあった、履きにくさをなくすためにも踵がふめる機能性がローファーが苦手だった人でもスタイリングに取り入れやすくなっております。

ローファーの色(人気順)

▲目次に戻る

全身を白でまとめたオールホワイトコーデ。ホワイトの軽快なイメージが清涼感あふれるスタイリングに。

AN(アンバイルシウス) ビットローファー

詳細・購入はこちら

汚れも目立つのが白シューズの弱点。シューズケアが難しい色味 だけにリーズナブルな価格の同ブランド は、はじめての“ホワイトシューズ”デビューを後押ししてくれる。

モノトーンでまとめたコーディネート。シンプルなスタイリングだからこそ、足元はカジュアルになりすぎない革靴をチョイス。しっかりと黒ローファーで引き締めている点もポイントです。

LASSU&FRISS(ラスアンドフリス) ローファー

詳細・購入はこちら

シンプルなデザインで飽きのこない同ブランドは、ローファー初心者の方をはじめ、毎日のようにローファーをコーディネートに取り入れる方にはオススメ です*

ネイビー

足元のネイビーのシューズがコーディネートのアクセントに。アクセント使いで面積比の少ないシューズや小物で色物を取り入れるのは誰にでも簡単にできるオシャレテクニック。

Essence care(エッセンス ケア)デニムローファー

詳細・購入はこちら

せっかくの色物のローファーなので、普段と素材が違うローファー選ぶのも◎デニム素材のローファー は夏のシンプルなコーディネートを華やかにしてくれること間違い無し*

茶色

茶色の落ち着いた雰囲気を存分に生かすためには、トップスはシャツなどカジュアル要素の少ないアイテムを合わせることでコーディネート全体のバランスが良くなります。

小物も革素材のアイテムを使うなど、上品に仕上げられたコーディネートです*

in the attic(インジアティック)ローファー

詳細・購入はこちら

茶色のローファーの場合、起毛素材のスエード生地のシューズだとより一層落ち着いた雰囲気を演出 できます。

ベージュ

ボトムスの色味と近い色味のでシューズも合わせているのは◎統一感が生まれよりスタイリッシュにみえます。

ロールアップしてしっかりとボトムスとシューズを区切ってあげることも大切です*

AAA⁺(サンエープラス)スエードペニーローファー

詳細・購入はこちら

ベージュなど暖かみのある色味のシューズは、スエード素材などの起毛生地 のを選ぶのがポイントです。

全身をモノトーンでまとめていても、足元に目がいってしまうのが赤のローファー。スタイリッシュなスタイリングを可能にしているのが、ローファーのスタイリッシュなデザインがあるからであろう。

LOHAS(ロハス)  ローファー

詳細・購入はこちら

赤など主張の強い色味の場合は、ビット付きなど装飾付き のローファーを選ぶことで、主張しすぎる色味を軽減することができます。

【季節別】ローファーコーデ

▲目次に戻る

春のローファーコーデ

清涼感あふれる春のジャケットスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

春のジャケットスタイルは、インナーをボーダー柄にすることで◎

ロールアップしくるぶしを見せてあげることで、フェミニンさをプラス。

 

重たい色のトップスも“アンクルパンツ”で調和しよう

コーデの詳細・購入はこちら

暖かくなってくると懸念されてしまうのが、黒などの重たい色。

そんな場合はボトムスをアンクル丈(9分丈)にすることでコーディネートを軽やかに演出できます。

 

春のセットアップは“グレー”で抜け感を

コーデの詳細・購入はこちら

春のセットアップはライトグレーの色味で一気に春の装いに。

そのセットアップの良さを活かすためにも、細身のサイズ感のアイテムを選びましょう*

 

春の王道スタイルは“白シャツ”できまり

コーデの詳細・購入はこちら

春も長年使っている王道のアイテムで過ごしたいと思う方が、大多数ではないでしょうか?そんな定番のアイテムでもある白シャツは清涼感をだすマストなアイテム。

ロールアップして季節感を演出している点も◎

 

春のリゾートスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ベーシックでシンプルなアイテムを、うまくサイズ感を細身のアイテムでまとめることで、こなれ感を演出したコーディネート。

切りっぱなしのデニムパンツがトレンドを押さえている。

 

夏のローファーコーデ

夏の黒スキニーコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

真夏でも黒スキニーを着用するなら、トップス・ボトムスともにタイトなアイテムで合わせるのがマスト!

やぼったくみえないように、無地デザインを選ぶのがポイントです!

 

サマーニットで“こなれ感”を

コーデの詳細・購入はこちら

夏のコーディネートで他の人と差を出したいのなら、サマーニットを使ったコーディネートが定番。

清涼感あふれる、ネイビーのスラックスを合わせれば、一歩先をいった大人のカジュアルスタイルの完成です*

 

バイカラーアイテムは“他のアイテムをシンプルに”

コーデの詳細・購入はこちら

バイカラーが目を引くポロシャツには、同系色のデニムと合わせることで好バランスに。コーディネートがうるさく見えないようにトーンをダウンすることがポイントです!

 

Hラインコーディネート

コーデの詳細・購入はこちら

トップス・ボトムスともにオーバーサイズのアイテムを着用しアルファベットの“H”のシルエットになるように作られたコーディネート。

カジュアルになりすぎないように、足元は革靴をチョイス。

 

清涼感あふれる“サマースタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルな無地アイテム通しコーディネート。その持ち味を活かすためにも、シルエットを細身のものを選んでいる点が◎

バックやアクセサリーまで主張が激しくない、シンプルなものを選んでいる点は真似したいポイントです*

 

秋のローファーコーデ

秋のレイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ロング丈のシャツが主役のコーディネート。秋のコーディネートらしくトーンを落ちついた色味で合わせている点は◎

シンプルになりすぎないように、バックやメガネなど小物でのアクセント使いがお見事!

 

オールブラックコーデ

ブラックのアイテムを基調に、インナーやちらりと見れるソックスにホワイトを入れている点が◎

ブラックが多いコーディネートなのに、重たく見えないのは着用しているアイテムの素材感が、バランスのとれたスタイリングに仕上げております。

 

ストリートコーディネート

がっしりしているライダースジャケットをライトブルーのデニムパンツ、さらにロールアップして着こなすことで、ワンランクアップした涼しげな、秋のストリートスタイルの完成です。

大人がチャレンジしたいストリートコーディネートのお手本のスタイリングです◎

 

ゆったりとしたサイズ感で“大人の抜け感を”

洋服を少しルーズに着こなせるのが、一歩先をいった大人の抜け感スタイル。毎日のコーディネートにマンネリ化した人こそ、アイビースタイルは是非取り入れてほしいスタイルです。

 

秋の主役級シャツ“ロングチェックシャツ”

個性が強いロング丈のチェックシャツですが、周りのアイテムをシンプルなものであわせてあげることで好バランスに。

ルーズなアイテムを着用しているのにもかかわらず、やっぼたくみえず、オシャレな演出をアシストしているあたりがGOOD♫

 

冬のローファーコーデ

冬の白スキニーは“バランス”が大事

コーデの詳細・購入はこちら

寒い季節でもホワイトパンツを履くならバランスが重要!トップスに重心がいったコーディネートの場合ボトムスは軽快に仕上げてあげるのが原則。

冬場でもくるぶし見せは、大人の余裕を感じられるコーディネートです。

 

モノトーンコーデ

ブルゾンをラフに着こなしているだけなのに、コーディネートが様になっているのは色味を使いすぎず、“白”と“黒”の2色でコーディネートしている点が挙げられる。

ベースボールキャップでカジュアルに外すなど、遊び心を忘れていない。

 

クラシックコーデ

クラシックな色味・アイテムで作られたコーディネートは各アイテムのサイズ感や着こなし方がお見事。ワイドパンツでもしっかりとローファーを主張できている、丈のバランスは◎

 

ボトムスと同系色のシューズで“統一感を”

ボトムスとシューズの色味を合わせることで、コーディネートがスタイリッシュに見え、よりスタイルが良く見えます。

上半身にボリュム感があるアイテムで溢れているので、ローファーもボリュームがあるアイテムをチョイスする事でGOODバランスに!

 

冬の“Aライン”スタイル

トップスをタイトに、ボトムスをワイドパンツを着用する事で、冬のAラインコーデの完成です。カーキのワイドパンツでミリタリー要素も取り入れている点が◎

 

【シーン別】ローファーコーデ

▲目次に戻る

学生におすすめのローファーコーデ

流行りの“オーバーサイズ”もキレイめに

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアル要素の強い、オーバーサイズのカットソーもスラックス・ローファーでキレイめにまとめるのが今年風◎

“脱”マンネリした大学生コーディネートのお手本スタイルです*

 

カジュアルショートパンツはローファーでまとめる

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアル要素の強いショートパンツはキレイめなアイテムでもある、ローファーでまとめるのがGOOD♫

手持ちの革素材のバックとまとめれば、少しエレガントな夏スタイル*

 

スキニーパンツにロング丈カットソーで“レイヤードスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

ロング丈のカットソーにスキニーパンツだけでは、どこか物足りなくなってしまうが、ピンクのカットソーから“チラリ”と見えるタンクトップがコーディネートのアクセントに。

足元もキレイめにまとめている点も◎

 

シンプルなコーディネートは“小物”でアクセント

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなアイテムの組み合わせの場合は、ベルトなどの小物でアクセンツに使うのが◎ロングベルトがうまくコーディネートのアクセントになり、コーディネート全体のバランスも好バランスに仕上がっております。

 

ポロシャツも“ライトデニム”で若々しさをプラス

コーデの詳細・購入はこちら

ポロシャツを一枚で着こなすと、どうしても実年齢より高くみられてしまうのがマイナスポイント。そんなマイナスの要素を掻き消すためにも、若々しいライトブルーのデニムパンツとの合わせはこの夏のマストなコーディネートです*

 

ビジネスシーンにおすすめのローファーコーデ

ブルーを基調にして“統一感”を

全身をブルーのアイテムで上手くまとめたコーディネート。オンオフに対応できるようにジャケットを常備している点など、ビジネスシーンに適したスタイリングです*

 

大学生が背伸びした“ビジネス+”コーディネート

学生の時は“ビジネススタイル”や“ビジネスカジュアル”の格好が苦手な方にオススメのコーディネート。ポンチ素材(収縮性のある)のジャケットは、カットソー感覚で羽織る事ができ、少しフォーマルな格好が必要な場所でも対応できるスタイリングです。

 

個性派“ビジネスカジュアル”

みんな同じような、ビジネスカジュアルスタイルはつまらない!そんな方にオススメなのが、ボトムスに少し個性をだした“ジョガータイプ”のデザインを取り入れてみよう!

その際は全体の色味を合わせる事でスタイリングのバランスをとる事ができます*

 

冬場でも楽しめる“ジャケットスタイル”

厚手のジャケットは真冬でもジャケットスタイルを楽しめる万能アイテム。ジャケット・ボトムスともに厚手の素材のアイテムを選ぶ事で、足元をロールアップしても、寒々しく見えないので取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

クラシックな雰囲気で作る“ビジネススタイル”

クラシックな印象が強いダブルのジャケットをメインに、足元は大胆に露出したクロップドパンツ。トップス・ローファーを同系色の色味で合わせている点が◎

黒のボトムスで締めている点もコーディネートのバランスを考えられております。

 

ローファーに合う靴下

▲目次に戻る

ストリート要素を取り入れたジャケットスタイル

キレイめなジャケットに、クラッシュパンツを合わせたアンバランスな、組み合わせだがこのアンバランス感が◎

ボトムスと同系色のソックスのチラ見せがポイント。

 

ハンエイスアイス 抗菌防臭 メンズスポーツソックス

詳細・購入はこちら

スニーカーでもローファーでもあわせやすい丈の長さがGOODバランスのソックス。ソックスのチラ見せコーデにも好相性。

 

シンプルシャツスタイル

ボトムスとシューズの一体感が、スタイルをよく見せているコーディネート。同系色のシューズとボトムスの間から見えるソックスがアクセント!

 

adidas トレーニングウェア 3S パフォーマンス 3Pクルーソックス KAW60

詳細・購入はこちら

ソックスのチラ見せコーディネートには必須アイテムでもある白ソックス。丈の長いソックスは年間通して使える万能アイテム。

 

モードMIXスタイル

落ち着いた色味のアイテムの組み合わせが、統一感を演出しています。薄いグレーのソックスがコーディネートにさらに落ち着いた雰囲気に。

 

【KM772】高級コーマ綿糸使用 メッシュ先丸靴下

詳細・購入はこちら

白ソックスに負けずと人気のグレーソックス。普段のコーディネートにすこし変化を加えるのに最適なアイテムです。

 

柄物ボトムスにはシンプルなアイテムで固める!

主張が強い柄物のボトムスには、トップスや小物シューズなどはシンプルなアイテムであわせましょう。シンプルなアイテムが柄物のアイテムをより引き立ててくれる。

 

Ribution メンズ靴下

詳細・購入はこちら

ワイドパンツにはミドル丈のソックスを合わせるのが好相性。シンプルなミドル丈のソックスはワードローブに1足は持っておきたいアイテム。

大人のカジュアルスタイル

シンプルな無地アイテムの組み合わせだが、落ち着いて雰囲気があるように見えるのは、程よく余裕のあるサイズ感のアイテムの組み合わせがあってからこそ。

大人のカジュアルスタイルにはローファーは欠かせないアイテムです。

 

Electric Figueroメンズカジュアルソックス

詳細・購入はこちら

ピンポイントで文字が入ったソックスは、コーディネートのアクセントに。白・黒の配色がどんなコーディネートにも取り入れやすい!

 

さいごに

▲目次に戻る
みなさまいかがでしたでしょうか?年間使えるローファーをみなさまもいち早くGETしちゃってくださいね!

ファッションは足元から!そんな言葉があるように足下のおしゃれはとても重要になります*

ローファー選びの際にこの記事がみなさまの参考になれば幸いです。


The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

SNSで更新情報をチェック♪

Twitterフォロー


Facebookいいね!

 

-シューズ

Copyright© プロが教えるファッションコーデ術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.