アパレル歴10年のスタイリストがレクチャーします。

プロが教えるファッションコーデ術

シューズ

黒スニーカーのおすすめコーデ64選+人気ブランド15選

更新日:


みなさまこんにちは!男性でもっとも馴染みが深いスニーカーが“黒スニーカー” といっても過言ではないのではないでしょうか?

そんな黒スニーカー も今では年間通して着用できるのを知ってましたでしょうか?

今回は今注目の黒スニーカーについて記述していきます!

 

この記事の目次

黒スニーカーの魅力とは

▲目次に戻る

黒スニーカーの最大の魅力はコーディネート全体を引き締める役割や、人気のブラックスキニーパンツとの相性も良いです。

また他の色に比べて汚れが目立ちにくいので、長年同じ黒スニーカーを着用している人も多いはず。

コーディネートをした際にあわないボトムスの種類も少ないので、万能アイテム としても重宝されております。

足元からスタイリッシュに見せることもでき、ボトムスから一体感を演出できる 色味としてオシャレさんの間ではマストなアイテムとなっております。

 

黒スニーカーの選び方

▲目次に戻る

黒スニーカーを選ぶ際に気をつけたいポイントが、自身が着用するボトムスの種類に合わせる事 です。

スキニーパンツやワイドパンツ、ショートパンツなどたくさんのシルエットのボトムスが販売されています。

あわせるボトムスによってのスニーカー選び が重要になってきます。

「ローカット」「ミドルカット」「ハイカット」など基本的なシルエット選びはもちろんの事、素材にも注意して選びましょう。

 

黒スニーカーの人気ブランド15選

▲目次に戻る

converse(コンバース)ALL STAR HI オールスター ハイ ¥6,480~¥10,800

詳細・購入はこちら

オシャレさんの定番アイテムにもなっているのが、キャンパスオールスターHI。

スキニーパンツはもちろんの事、ワイドパンツとも好相性なのでオシャレさんなら必ず一足はクローゼット にあると言っても過言ではないシューズ。

リーズナブルな価格設定で、何足でも欲しくなるのも魅力のひとつです。

 

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

スキニーパンツとの相性がよいコンバースのハイカットスニーカー。ロールアップしてしっかりとフィルムを見せれあげると◎

 

CONVERSE(コンバース)チャックテイラー ローカット ¥6,264~¥12,960

詳細・購入はこちら

コンバースのオールスターも人気ですが、今人気なのがこちらのチャックテイラー。

ロゴの位置の違いだったり、重さが若干チャックテイラーの方が重いです。

あまり変化がわかりにくいですが、若干色が味が明るく 、大きさもチャックテイラーの方が大きいです。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

全身オールブラックコーデやソックスのチラ見せコーデにはチャックテイラーがオススメ。ローカットなのでスケータースタイルにも合わせやすいスニーカーです。

 

VANS(バンズ)OLD SKOOL オールドスクールスニーカー ¥5,940~¥19,440

詳細・購入はこちら

スケータ系のスタイルの人気に伴い、2016年から爆発的な人気を誇ったのがこちらのバンズのオールドスクール。

どこのお店でも売り切れ になり入手困難 になりましたが現在では、在庫が入荷している店舗も増えてきています。

ソックス見せのスタイルや、アンクル丈のボトムスとの相性も◎

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

緩めのボトムスなど、ルーズなボトムスと合わせるのが◎ローカットのスニーカーながら安定感あるスニーカーの存在感が光る。

 

Reebok(リーボック)INSTAPUMP ¥19,224~¥21,600

詳細・購入はこちら

程よいボリュームがあり、コーディネートのアクセントとして使えるのがReebokのインスタポンプフューリー。

斬新的なデザイン はもちろんの事、ポンプをおしてサイズを締めることもできる機能性も嬉しいポイント。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

足元にボリュームを出せるので人気のスニーカーはスラックスなどとあわせた際に外しのアイテムとして使うのも◎主張が強いスニーカーだけにコーディネートがシンプルになった際などは足元で差をつける*

 

new balance(ニューバランス)MRL996 スニーカー ¥13,800

詳細・購入はこちら

幅広い年代に人気があり、2013年には爆発的な人気で街中がニューバランスを履いている人で溢れました。

その中でも996のデザインはスタイリッシュにみえスニーカー初心者でもコーディネートに取り入れやすい点から、人気のアイテムです。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

大人カジュアルに欠かせないのが、ニューバランスのスニーカー。同系色のボトムスとあわせればスッキリとした印象を与えられます。

 

adidas (アディダスオリジナルス) X_PLR エクスプロラー BB1100 ¥9,709

詳細・購入はこちら

adidasの代表的なスニーカーとして根強いのがスタンスミスやスーパースターといった“白”をベースにしたスニーカーですが、このエクスプローラーはadidasの“黒”ベースのスニーカーで人気のデザイン になっている。

近未来的なフォルムがモード系のスタイル にもあい、足元で個性的な演出ができるので若者を中心に人気があります。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

全身をadidasのアイテムで包んだadidasコーデ。adidasの象徴でもある3本ラインのトップスには足元もadidasで合わせるのがマスト!

 

adidas(アディダス)オリジナルス ガゼル [GAZELLE] ¥10,789〜¥19,440

詳細・購入はこちら

adidasのスーパースターのように横の3本ラインが特徴的 なスニーカー。

シンプルなデザインから多様性があり、さまざまなコーディネートにあわせやすく、ジャージ素材のボトムス などスポーツテイストを取り入れたスタイリングにも◎

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

ソックスとシューズの色味をあわせてショートパンツのスタイルにも、個性をすこし加えることができます。

3本ラインがしっかりと刻印されたスニーカーはおしゃれ度を一段と格上げしてくれます*

 

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)セラーノ SERRANO (TH109L) ¥8,640

詳細・購入はこちら

asics社のブランドのオニツカタイガー。

現在風にアレンジされたデザインで人気の同ブランドですが、asicsのはき心地の良さはそのままなのが嬉しいポイント。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

オニツカタイガーの細身のシルエットはデニムパンツとの相性も抜群です!淡い色味のボトムスを黒スニーカーでしっかりと締めている点もGOOD♫

 

Puma (プーマ) モストロ スニーカー ¥11,880

詳細・購入はこちら

シンプルでクリーンなイメージを追求したデザインと、サイドから見たときの流線的なデザイン が目を引きます。

もともとは自転車競技用のシューズ開発をベースにしているだけあって、ストラップがついたスリッポンの進化した最新スニーカー

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

主張が強いトップスにはボトムス・シューズはシンプルなモノトーンでコーディネートすべし!トップスをオーバーにボトムスをスッキリとしたシルエットであわせた、Aラインコーデの完成です*

 

hummel(ヒュンメル)REFLEX LOW/リフレックス ロー HM63781 ¥8,100

詳細・購入はこちら

ヒュンメルの定番のリフレックスローはシンプルなデザインなのでどんなスタイルにもぴったし。

ソールやかかと部分にさりげない、カラリーングされているので、真っ黒スニーカーに抵抗がある人にオススメです。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

ボトムスの裾をクッションさせてもスニーカーで存在感を出せる点が◎シンプルなアイテムの組み合わせだからこそ、シューズはシンプルで主張があるタイプを選びたい!

 

Y-3 YOHJI RUN ¥42,660

詳細・購入はこちら

個性的なデザインが魅力のYOHJI RUN。

洗脳された都会的なデザインは普段の装いに合わせるのもよし、スポーツスタイルにあわせても決まるアイテム。

両サイドの3本ラインがadidas社を象徴 でき他の人と差を出せるスニーカーです。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

全身をY-3でまとめた個性的なコーディネート。モード系のスタイルすなわちブラックを基調としたスタイリングにはYOUJIのスニーカが格別に似合う*

 

SUPERGA(スペルガ)UASP LI 17SS ¥6,800~¥9,800

詳細・購入はこちら

イタリアのカジュアルシューズブランド でもあるスペルガ。

モデルがプライベートで着用するなど、休日のカジュアルスタイルの定番になりつつあります。

シンプルなローカットなデザイン がさまざまなコーディネートで取り入れられる。

このアイテムのコーデ例

出典:http://wear.jp/

カットソーにスラックスとシンプルながらかっこいいのはボトムスをスラックス地でまとめているからであろう。

ローカットのスニーカーとボトムスの間から見せるくるぶしが大人の色気を演出してくれる*

 

ALLADIUM(パラディウム)PAMPA HI /パンパ ハイ ¥10,584〜¥21,384

詳細・購入はこちら

ボリューム感あるフォルムが印象的なパラディウムのスニーカー。

キャンパス地ながらミリタリーブーツのような風貌が他のスニーカーにないデザインだ。

快適性・耐久性にも優れていて世界中の人々に愛されているブランドです。

このアイテムのコーデ例

http://wear.jp/tsuyokick/10047715/

ボリューム感があるスニーカーにショートパンツをあわせれば、ショートパンツのカジュアルなイメージを打ち消すことができ、新しいスタイリングに。

全身を細身のアイテムでスタイリッシュにまとめている点も◎

 

NIKE(ナイキ)エアマックスモーションLW ¥9,180

詳細・購入はこちら

クッション性の高いボディにメッシュを貼り付けてあるメッシュスニーカー。

とても軽くランニングなどにも使用できるので、長時間スニーカーを履きつつオシャレに手を抜きたくない人にオススメです。

このアイテムのコーデ例

http://wear.jp/3287yo/9876066/

トップス・ボトムスがシンプルな無地アイテムの場合、足元はロゴ入りなど、スポーツブランドのスニーカーを合わせるのがおしゃれ上級者!

ベースボールキャップなど、スポーツテイストを取り入れて流行も意識している*

 

DISEL(ディーゼル)MAGNETE EXPOSURE ¥21,384〜27,000

詳細・購入はこちら

個性的で斬新なデザインを追求したDISELのスニーカー。

よい質にもこだわりがあり、レザーとコンビネーションの組み合わせ が他にはない、個性的な仕様になっております。

シルエットもスタイリッシュであわせるボトムスの幅も多いはず。

このアイテムのコーデ例

出典:http://zozo.jp/

ディーゼルのスニーカーはブーツインスタイルなどに最適なアイテムと言えます。ブーツインすることでスタイリングがより細身に見え、スッキリとした印象を与えられます*

 

春の黒スニーカーおすすめコーデ20選

▲目次に戻る

今までは暖かくなってくると懸念されてきた黒スニーカー。

しかし今年は気温が上がっても黒スニーカーであわせるのがマストです。

そんな春に真似したい“黒スニーカー”をつかったオススメのスタイリングを紹介していきます。

春の“チェックシャツコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

春先のチェックシャツは淡い色を持ってくるのが正解◎薄いフード付きのインナーと合わせれば、シャツのすっきりとしたシルエットを邪魔することなく、コーディネートを昇華させてくれます。

ブラックスキニーと黒スニーカーの組み合わせがより一体感を生み 、スタイルが良く見えるコーディネートです。

 

アーバンカジュアルスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

トップスの無彩色で作る重ね着に、程よい太さのボトムスがオシャレをアシストしてくれます。

春らしいピンクなどの色味を、キャップなどの面積比の少ない小物で使うと、より春の装いに格上げしてくれます。

 

ソックスの“チラ見せ”がポイントです

コーデの詳細・購入はこちら

ネイビーのボトムスに黒スニーカーをあわせた際、足首が見えてしまうと色の差がはっきりと分かってしまうもの。

そんな時はスニーカーと同系色のソックス を“つなぎ”として使うことで、コーディネートがバランス良くまとまります。

 

モノトーンコーデには原色アイテムを取り入れて

コーデの詳細・購入はこちら

ホワイトのトップスにブラックのボトムスとどこか物足りない時には、鮮やかなカラーリングのアイテムを取り入れるだけでコーディネートを華やかにしてくれます。

原色など主張が強い色味 は帽子などの小物で取り入れる のがオススメです。

 

春のデニムシャツスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

春先にもデニムスタイルを楽しめるように、ライトブルーのデニムシャツがGOODチョイス!

全体をタイトなシルエットなアイテムで組み合わせること でより、体のシルエットをきれいに見せることができます。

 

明るい色の組み合わせは柄アイテムを差し込む!

コーデの詳細・購入はこちら

イエローのジョガーパンツが目を引くコーディネートは、他のアイテムとの合わせ方が重要。

シンプルに無地アイテムを合わせるよりは明るいボトムスから視線を外す ような、柄物のシャツなどを合わせることでバワンスがよくなります。

 

サーフ×ミリタリースタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ミリタリー要素の強いMA-1にデニムキャップをあわせる、一見ミスマッチにも見えるコーディネートだが、ジーンスでうまくカジュアルダウンさせているのがポイント です。

インナーに合わせているパーカーもルーズに着こなすのが今っぽくてかっこいい。

 

春のデニムジャケットは“肩がけ”で

コーデの詳細・購入はこちら

暖かくなってくる時期にデニムジャケットをそのまま着こなすのも良いですが、肩掛けしてゆったりとラフに着こなすのが今年流。

デニムジャケットがオーバーサイズなので、ボトムスはスタイリッシュなタイプ を選ぶことでバランスのとれたスタイリング に仕上がります。

 

ギンガムチェックで作る“主役シャツコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

一見主張が強く見える、ギンガムチェックのシャツも一枚羽織るだけで様になる主役シャツだ!

トップスがインパクトがある分ボトムスはシンプルなチノパンツでうるさく見えない様に 、トーンダウンするのがポイントです。

 

きれいめカジュアルスタイル!

コーデの詳細・購入はこちら

パーカーなどカジュアル色の強いアイテムのはエレガントなシャツなどと合わせることで、カジュアルダウンしすぎず、大人がチャレンジしたい組み合わせです。

ロールアップして季節感をプラス しているもGOOD♫

 

春の“モテ”ジャケットスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

毎日のスタイリングにマンネリ化している人はコーディネートにジャケットを取り入れてはいかがでしょうか?

インナーをカットソー。ボトムスの裾をロールアップしてスニーカーであわせれば、より軽快なスタイリングに仕上がります。

 

清純派ミリタリースタイル

コーデの詳細・購入はこちら

トップスに白シャツをあわせれば、一気に春らしい雰囲気に。

カジュアルダウンしがちなカーキの色味のボトムスもシャツと合わせることで好バランスに。

足元の黒スニーカーが全体のコーディネートを引き締めてくれます。

 

いつものコーディネートに“プラスワン”

コーデの詳細・購入はこちら

ヴィンテージのイメージが強いカーキのシャツもインナーにマリンボーダーのカットソーを差し込むことで好相性な組み合わせに。

どこか物足りなさを感じさせないためにも、ベルトなどの小物のチョイスがアクセント になります。

 

白を基調とした“トレンチコート”コーディネート

コーデの詳細・購入はこちら

インナーとボトムスを白を基調としたアイテムをベースに統一感を。

面積比の大きいトレンチコートなどのアイテムを主張したいなら色味を使いすぎないのがポイント。

白のボトムスが膨張しない様にしっかりと黒スニーカーで締めている のがお見事◎

 

チェックシャツで“こなれ感”演出

コーデの詳細・購入はこちら

マドラスチェックのシャツがモノトーンコーデのアクセントに。

全体をブラックを基調にまとめていても重たく見えないのは、シャツからチラリと見せるホワイトのインナー でまとまりがとれております。

 

春モードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

モード系のハットにカジュアルなジーンズをあわせた、春のモード系スタイル。

ボリュームのある黒のスニーカーをあわせ て、モードの要素をプラスし、トップスはロング丈のアイテムをチョイスすることで、モード系の黄金比のバランスの完成だ。

 

王道シャツスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなシャツには王道のデニムパンツを合わせることで、誰にでもスタイリングに取り入れやすいコーディネートの完成です。

コーディネートのアクセントになるイタリアンカラーのスニーカー のがシンプルすぎるコーディネートに混ぜ込まれているのも◎

 

カジュアルデートスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

5分丈のパーカーは春の羽織として優秀なアイテム。

無彩色の組み合わせのコーディネートもパーカーのライト感が主張され、重たくなりすぎないのも嬉しいポイント。

ボトムスもスキニーパンツでスタイリッシュなスタイリングです。

 

春の“ふるゆわ”カーディガンコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

柔らかい印象のカーディガンには、フルレングスのボトムスを合わせることでカジュアルな印象を和らげ、よりスタイリッシュ且つ柔らかい印象をプラス。

街っぽさも漂わせる好バランス が、誰もの目を引くこと間違い無し。

 

清涼感溢れる“白シャツ”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

清涼感溢れる白シャツは今季、是非持っておきたいマストなアイテム。

カーキのボトムスと合わせるのが今季流。重たい色のボトムスの場合黒スニーカーを足元にチョイスすることで、コーディネートを引き締めてくれます。

 

夏の黒スニーカーおすすめコーデ20選

▲目次に戻る

夏場でも人気の黒スニーカー。

あわせるボトムスによっても「ローカット」「ミッドカット」「ハイカット」などスタイリングによって異なってきます。

そんな夏場でも黒スニーカーを着用したい方必見!オススメのコーディネート20選を紹介していきます。

夏の“モノトーン”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

全身を白と黒の2色でまとめたモノトーンコーディネート。

めずらしい白×黒のボーダーTシャツ が、コーディネートをうまくタウンユースに落とし込んでおります。

アクセントのピンクのベルトが抜け感 が出ていて、より一層夏らしいスタイリングに仕上げております。

 

ブラックコーデを“原色カラーインナー”でアクセント

コーデの詳細・購入はこちら

全身を黒基調でまとめているので統一感が◎異素材の黒の組み合わせは夏場のオールブラックコーデを作る際はキーワード になってきます。

インナーも淡い色を選ぶより、明るい色をチョイス することで他のアイテムを際立たせる役割があります。

 

BIGTシャツをつかった“ゆるレイヤード”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ベージュのBIGTシャツをメインに緩やかにタンクトップをインナーに差し込み、ゆるいレイヤードが目を引くコーディネート。

BIGTシャツの場合スキニーパンツであわせるのが主流でしたが、サルエルパンツであわせることで、全身に丸みをもたせてさらにコーディネートを柔らかく 感じさせてくれます。

 

主張が強いシャツは“無地アイテム”と合わせ主張をおさえる!

コーデの詳細・購入はこちら

無地やチェック柄など主張が強いシャツをメインに、他のアイテムをブラックで統一することでこの主役シャツをより一層際立たせています。

クロップドパンツの場合ローカットのスニーカーとあわせるとコーディネートのバランスが良くなります。

 

ストリートコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

クラッシュデニムにはボリュームのあるスニーカーをあわせることでストリート感をプラス。

淡い色のデニムだからこそ、黒スニーカーが主張 され、今年っぽくてオススメです。

 

個性派“ラインパンツ”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

個性的なラインパンツをつかった場合、あわせるアイテムは無地などシンプルなアイテムをあわせることで、コーディネートのバランスが良くなります。

またネックレスなどの小物 をつかってあげることで、コーディネートを格上げ してくれます。

 

 ショートパンツは“トップスとの合わせが重要”

コーデの詳細・購入はこちら

この夏も定番のアイテムをものにしたいというなら“無地Tシャツ”今季もオーバーサイズに着用するのが今年流

ライン入りの“ルーズ”なシルエットのパンツをあわせてリラックス感を出すのがポイントです。

 

スポーツMIXコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

カワイイイメージが強いピンクのシャツもオールマイティで汎用性の高い、ブラックスキニーとあわせることで、大きなコーディネートの武器になります。

裾が絞れているジョガーパンツは今季流行のスタイリングを確固するためにマストなアイテム となります。

 

大人の“リラックス”スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなアイテムな組み合わせでもボトムスをクロップドパンツにするだけで、今年っぽい着こなしに。

毎日のコーディネートがマンネリ化しているなら、普段取り入れないような色味のトップス に変えることをオススメします。

 

トレンドホワイトデニムで“涼しげな”夏のスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

トレンドのホワイトデニムをコーディネートに取り入れれば、ワンランクアップした夏の清涼感溢れるスタイリングに。

うるさくならないようにトップスをトーンダウンするのがポイント です。

 

夏のキレイめ“Iラインコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

トップスとボトムスをタイトめなアイテムであわせることで、夏のIラインコーデの完成です。

小物やシューズの色味をブラックで合わせているので、統一感がありバランスのいいコーディネートに仕上がっています。

 

一枚で“様になる”シャツコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

一枚で様になる、シアサッカー生地ののシャツは、通気性がよく夏のマストアイテム。

シャツの色味をブラックにすることで、ブルーデニムとの相性も良く 、普段の装いにさらりと落とし込むことができます。

 

ピンクTシャツを使った大人スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルな無地Tシャツもスラックス生地のボトムスであわせることで、カジュアルダウンすることを抑えてくれる。

ピンクの“かわいい”印象とスラックスの“かっちり”したイメージの融合 で新しいスタイリングの完成だ。

 

シンプルレイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

キャメルのオーバーサイズのカットソーが目を引くコーディネート。

インナーの白のタンクトップがやりすぎないレイヤードスタイルになり◎キャンパス地のトートバックがオフの時にも重宝されるスタイルです。

 

マリンボーダーTシャツをつかった“涼しげ”スタイリング

コーデの詳細・購入はこちら

マリンボーダーのカットソーが爽やかな印象を演出してくれますが、そのイメージを崩さないためにボトムスはライトグレーのスラックスでより夏らしい着こなしに。

シンプルでベーシックなアイテムの組み合わせだからこそ、コーディネート全体のバランスが良く見えます。

 

シャツレイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

涼しげな印象を与えるブルーのシャツに、インナーをボーダー柄を差し込むことでコーディネートのアクセントに。

さりげなく垂らしたベルトやキャンパス地のバックなど今季のトレンド を、いやしなく、コーディネートに取り入れています。

 

袖リブシャツでより“スタイリッシュ”に!

コーデの詳細・購入はこちら

リブ部分がブラックでアクセント になっており、よりシルエットをキレイに見せることができます。

ボトムスを選ばないシンプルなキャンパス地のスニーカでラフっぽく着こなすのが、今年流でオススメです。

 

シンプルなアイテムで作る“グラデーション”コーデ

コーデの詳細・購入はこちら

ホワイト・グレー・ブラックの無彩色で揃えて、上手にグラデーション されたコーディネート。

トップスに軽い色をもっていき、下半身に行くにつれ重たい色をチョイスしているので、コーディネートのバランスが◎

 

ピンクシャツで華やかコーディネート

コーデの詳細・購入はこちら

かわいい印象のピンクのシャツを1点投入するだけで、コーディネートが華やかに なります。

またロールアップすることで夏らしい涼しげな雰囲気を演出している点もGOOD♫

 

シンプルなカットソーには“柄物アイテム”を差し込む

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなカットソーには迷彩柄などあわせることで、若々しさを演出できます。上下ともにジャストサイズを選ぶことで、バランスが取れた好スタイリングが完成されます。

 

秋の黒スニーカーおすすめコーデ10選

派手色ニットは一枚できまる

コーデの詳細・購入はこちら

鮮やかな色味のニットは一枚での着用でもアクセントになる優秀なアイテム。

デニムパンツと合わせてカジュアルに着こなせば秋に真似したくなるカジュアルスタイル。

 

暖色系でまとめ秋を感じさせる

コーデの詳細・購入はこちら

アウターでは珍しい暖色系のMA-1をオーバーサイズに着用し、トレンドのジャージ素材のボトムスと合わせてる点が◎

ただ細いボトムスと合わせるだけなんてナンセンス。流行りのライン入りパンツでスポーツティストを取り入れたスタイリングを楽しもう。

 

ピンクのスカジャンが “可愛”かっこいい

コーデの詳細・購入はこちら

優しい色味のピンクとスカジャンの柄が上手くマッチしたスタイリング。

インナーにパーカーとクラッシュデニムと合わせればスカジャンで作るストリートスタイルの完成です。

 

秋のミリタリースタイル

コーデの詳細・購入はこちら

カモフラ柄のブルゾンをメインに、鮮やかな色のシャツを合わせる事でカモフラ柄の主張を和らげてくれます。

カーキと相性のよいレッドのカットソーが、このコーディネートだとアクセントに。

黒スキニーとスニーカーを同系色でまとめる事での統一感も◎

 

デニムジャケットはシンプルに着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

デニムジャケットの定番のスタイルと言えば、白カットソーと黒スキニーの合わせです。

キャンパス地のバックと合わせればよりカジュアルな着こなしに。

 

ベージュトレンチでエレガントに決める

コーデの詳細・購入はこちら

ロング丈のアウターをシンプルに着こなしたい。インナーの白のカットソーとベージュのトレンチが上手くマッチングされたコーディネート。

トレンチコートにボリュームがあるのでボトムスはスキニーパンツでスタイリッシュに。

 

大人のリラックススタイル

コーデの詳細・購入はこちら

レザーのハードなイメージを軽減してくれるのがスウェット素材のボトムスと合わせる事です。

スタイリッシュなボトムスに高相性なのが黒スニーカー。足下に重めの色をチョイスする事でコーディネートがGOODバランスに。

 

オシャレは3色以内でまとめる

コーデの詳細・購入はこちら

ホワイト、グレー、ブラックの3色でまとめているので統一感のあるスタイリングに。

ロングのアウターはパーカーなどを差し込みレイヤードするのが正解。

ボリュームあるアウターのボトムスはスタイリッシュなタイプで合わせる事で、まとまりがでます。

 

ダークトーンで男を格上げしてくれる

コーデの詳細・購入はこちら

全体の色味をダークトーンでまとめる事で落ち着きと男らしさをプラスしたスタイル。

パーカーのクラッシュ加減がMA-1を開けて着用した際もアクセントになってくれます。

 

ボーダー柄は他のアイテムをシンプルに

コーデの詳細・購入はこちら

首元までボーダー柄が施されたタートルネックには無地などシンプルなアイテムを合わせるのがベスト。

トップスがタイトなので、ワイドパンツとあわせたAラインコーデは秋にもってこいのスタイリングに。

 

冬の黒スニーカーおすすめコーデ10選

オリーブのウールコートが冬を感じさせる

コーデの詳細・購入はこちら

ドロップショルダーのコートが抜け感を演出してくれ、程よいリラックススタイルに。

胸元が大きくあいたデザインだからこそ、インナーはボリュームのあるニットであわせたい。

合わせが難しそうなオリーブ色のコートも、ホワイトのニットとならコーディネートにすんなりと取り入れられる。

 

デニムセットアップでビンテージ感を

コーデの詳細・購入はこちら

デニム風のダウンジャケットにデニムパンツをあわせたデニムオンデニムスタイル。

ボリュームのあるダウンだが、スキニーデニムとローカットのスニーカーと合わせる事でスタイリッシュなバランスに。

はじめてのデニムオンデニムスタイルに挑戦したい方にもオススメのスタイルです。

 

グレーPコートをエレガントに着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

本来Pコートはカジュアルなアイテムだが、襟を立てマフラーを垂らしてスタイリングするだけで、雰囲気を変えることができます。

ローカットのスニーカーを主張する為にもデニムパンツをロールアップし、くるぶしを見せる事で男の色気をプラスできます。

 

黒を基調に派手色アウターを攻略

コーデの詳細・購入はこちら

主張が強い赤ボーダーのアウターだが、ボトムスとスニーカーと同系色である、ブラックも使われているので、コーディネートに取り入れやすくなります。

クラッシュパンツと合わせればアウターの雰囲気を壊す事なく、ハードな印象もプラスできます。

 

上品スタイリングでも黒スニーカーは◎

コーデの詳細・購入はこちら

細身のシルエットのダウンジャケットをスラックスで合わせタウンユースに落とし込んだスタイル。

ダウンジャケットの下にマフラーを垂らすなどコーディネートの邪魔をする事なく、むしろストライプ柄が若々しさを演出してくれています。

 

ショートダッフルで可愛らしいさを

コーデの詳細・購入はこちら

ロング丈のイメージが強いダッフルコートですが、ショート丈のタイプだと可愛らしいさや、ヒップに丈がかからないのでスタイルが良く見えます。

デニムパンツと合わせる事でカジュアルな要素も取り入れる事ができ、黒スニーカーで軽快さもプラスしております。

 

ビンテージ風に冬を演出する

コーデの詳細・購入はこちら

全体シルエットもさることながら、太いストライプのシャツやオレンジを基調とした配色
がビンテージの雰囲気を盛り上げる。

ワイドパンツにもローカットスニーカーは鉄則アイテム。全体を締める意味でも黒スニーカーがベストな選択です。

 

オーバーサイズの着こなしがイマドキを演出

コーデの詳細・購入はこちら

トップスはブラックとグレー。ボトムスをカーキで合わせている点がオシャレ上級者の着こなし。

全てゆったりとしたサイズ感も今季のトレンドと言っても過言ではありません。

イマドキは一つのアイテムに限らずに、全てのアイテムをゆったりと着こなすのが◎

 

オーバーサイズのアウターが今年もトレンド

コーデの詳細・購入はこちら

昨年からオーバーサイズ、特に肩を大きく落としたドロップショルダーのコートがトレンドだが、今年もその人気は健在。

ブラックコーデの中からチラリと見えるホワイトとのインナーがアクセントになり、このコーディネートを格上げしてくれます。

 

グレーアウターを淡いデニムであわせる

コーデの詳細・購入はこちら

ライトグレーのアウターには、淡い色味のボトムスとの合わせが◎

また細すぎず太すぎないシルエットがこのコーディネートをオシャレに見せるポイント。

インナーと同系色のキャップでプラスワンアイテムを。

 

黒スニーカーに合う服装

▲目次に戻る

カットオフデニム

コーデの詳細・購入はこちら

裾がカットされたデニムパンツは今季もメンズのトレンドアイテム。裾の切りっぱなしのデザインを邪魔しないためにも、ローカットの黒スニーカーが最適なアイテム。

 

ジャージパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

今季もスポーツテイストを取り入れたアイテムは人気継続中!そんな中人気のジャージパンツにローカットスニーカーは王道の組み合わせだろう。

 

ショートパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなショートパンツには足元もカジュアルに。カジュアルなアイテム通しの組み合わせが、リラックスした雰囲気を演出できます*

 

靴下は王道の“白”で

http://wear.jp/tommy611/10349317/

ソックスのチラ見せスタイリングには王道の白ソックスが定番であろう。どんな形のシューズにもあわせやすく、ソックスをチラ見せすることでおしゃれな雰囲気をプラスできます*

 

靴紐の色は白で結び方でアレンジ!

http://wear.jp/takechanman0708/6725422/

今季も黒スニーカーに合う色は断然、白が人気!そんな白の靴紐も結び方でアレンジするのがトレンドです!

 

さいごに

▲目次に戻る

みなさま黒スニーカーの着こなしは、いかがでしたでしょうか?

すでに持っている方も最新の黒スニーカーをみて新しいのに変えてみてはいかがでしょうか?

どんなスタイリングにも取り入れやすいアイテムなので自身でお持ちの洋服に合わせて考えてみてくださいね!


The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

SNSで更新情報をチェック♪

Twitterフォロー


Facebookいいね!

 

-シューズ

Copyright© プロが教えるファッションコーデ術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.