アパレル歴10年のスタイリストがレクチャーします。

プロが教えるファッションコーデ術

シューズ

白スニーカーの春夏おすすめコーデ+人気ブランド15選

更新日:


若者から大人までオシャレさんの定番アイテムといえば“白スニーカー”

韓国で2015年頃から若者が白スニーカーを履き始めたのがブームの引きつけ役。

 

履いてみると違和感がありなかなか手を出しずらかった“白スニーカー”ですがコーディネート方法を学んでしまえば、すぐに即戦力として使える万能アイテム

 

そんなあなたの為に誰でも簡単に取り入れられる白スニーカーコーデ術を紹介していきます!

この記事の目次

白スニーカーの魅力とは

▲目次に戻る

白スニーカーは春になると一気に売れ始めて、今では年間を通しても着用している人が多い人気のアイテム。

なぜ春になると白スニーカーを履きだすのか?と思う人も多いと思いますが、白スニーカーを着用することでコーディネートが一気に春の装いに なるのです。

寒い時期などは黒などのスニーカーを着用する方が多く、実際に靴を白スニーカーに変えるだけで、コーディネートはもちろんのこと、気持ちまで春の陽気な気持ちになれます。

白スニーカーの弱点

▲目次に戻る

白スニーカーの最大の弱点 それは・・・「汚れ」 だ!キャンパス地のスニーカーなどは洗って落とすことができるが、購入当時のような白さに戻すのは難しいかも。

雨天時の使用を避けたり、土埃が舞っている場所での着用を避けるだけで、だいぶ違ってきますが、日常生活でも満員電車で足を踏まれたり、自転車のギアの油汚れは落とすのが困難 になってくるので要注意!

白スニーカーの選び方

▲目次に戻る

白スニーカーを選ぶ際に気をつけたいポイントが、「ローカット」「ミドルカット」「ハイカット」などスニーカーのシルエットや「キャンパス地」「レザー」など素材が挙げられるが、自身がおもちのボトムスのタイプにあわせるのが1番のポイント になります。

また自身のライフスタイルにも着目してもらい、ふだん使いで汚れるのが嫌な人はキャンパス地などを避けたほうがいいですし、きっちりしたくない人はレザー調のスニーカーは避けるべきです。

そのブランドやコーデによって白スニーカーの特徴が異なってくるので、下記で詳しく解説していきます。

春の白スニーカーおすすめコーデ20選

▲目次に戻る

春の装いを一段と“格上げ”してくる白スニーカー。

まだ肌寒い時期だけにアウターなどとのあわせ方もコーディネートに配慮する必要があります。

そんなトレンドが違うスタイリング20選を解説していきます。

春のトレンチコートスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ミドル丈のトレンチコートをメインに、インナーと同じベージュで合わせているので統一感がGOOD◎

春に避けられがちなブラックパンツも、白スニーカーであわせれば一気に春の装いに

ワイドパンツを使ったキレイめスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

メンズでも流行中のワイドパンツの着こなしはトップスとの合わせ方が重要。

カジュアルになりすぎないようにトップスをシャツで合わせているのが、大人の着こなし。

全体を淡い色で揃えているので初夏まで対応できるスタイルです。

王道デニムスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

白スニーカーと高相性のデニムパンツ

他の人と差別化を図るような、パッチワーク柄のパンツはコーディネートにアクセントを加えてくれる。同系色のパーカーとの合わせは、休日のカジュアルスタイルに真似したい。

 

Iラインシルエットカジュアルコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

全体を体のラインにフィットするタイトアイテムで合わせているので、スタイルが良く見える。

バックパックもトップスと同系色で合わせている点は、全体のバランスがとれいて◎白スニーカーを強調させるためにもスキニーパンツの合わせは、最適なチョイスと言えます。

休日のサーフスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ブルーを基調とした清涼感あふれるスタイル。

同系色のコーディネートながらパッチワークのシャツ、ダメージデニムなど、アイテムごとも個性が引き立っている

素材を変えてのデニムオンデニムはオシャレ上級者のきこなし。

 

“ゆるふわ”ピンクを挿し色に使ったスタイリング

コーデの詳細・購入はこちら

春らしい優しい色味でまとめたコーディネートに、パーカーの柔らかい印象を邪魔しないためにもピンクのインナーが正解。

淡い色味のピンクなので、コーディネートで主張しすぎず、すんなりとコーディネートに溶け込むことができる。

 

アメカジスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

チェックシャツにデニムパンツの王道アメカジスタイル

インナーに白のカットソーを差し込めば、一気に春らしいスタイリングの完成です。大定番のスタイリングは普段の着こなしにさらりと落とし込めるはずです。

 

デニムオンデニムスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

合わせるのが難しいと言われている、デニムオンデニムスタイルですが、デニムシャツを合わせることで軽重感が生まれ、組み合わせとしても大変人気があります。

トップス・ボトムスともに細身をチョイスすることで持ち味を生かす ことができます。

 

ゆるカジコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

細すぎず、太すぎないボトムスが今季のトレンド。

くるぶしを少し見せてあげることができる丈の長さはGOOD♫パンツの持ち味を生かすためにも、足元はクリーンな白スニーカ で合わせましょう。

 

休日カジュアルスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなアイテムの組み合わせだからこそ、インナーはボーダー柄を差し込んで華やかに。

無地アイテムの中に柄物のアイテムを差し込むことで、若々しさを演出できます。全体の色味を3色いないで抑えている配色バランスも◎

 

春のジャケットスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

春先でもジャケットを着用したい人は、重たい色は避け、グレーなどライトな色合いにするだけで、軽やかな雰囲気になります。

エレガントな要素が強いジャケットをうまくカジュアルダウンしたスタイリング は是非真似したいコーディネートです。

 

ゆるやかカーディガンで作る“春の装い”

コーデの詳細・購入はこちら

カーディガンの色味を柔らかい色味にするのが、春のカーディガンスタイルのポイント。

ロールアップすることで季節感を演出 できます。シンプルだが、このかっこ良さには誰もが納得するはずだ。

 

ゆるかじスタイル

 

コーデの詳細・購入はこちら

程よいサイズ感のアイテムの合わせ方は、大人のラフスタイルのお手本ともいえるコーディネート。

グレーのカーディガンはどんなボトムスとの相性もよいので、汎用性の高い優秀アイテムだ。

 

春のミリタリースタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ミリタリー調のアイテムをトップスにチョイスした場合も、足元で季節感を出すことを忘れずに。

タイトすぎず、オーバーサイズすぎないMA-1のサイズ感が野暮ったくならず、オシャレを演出するポイント になっている。

 

今年らしい“オフィスカジュアルスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

カーディガンのカジュアルな雰囲気を軽減させたいなら、少し濃色の色味を選ぶことで締めることができます。

またボトムスもスラックスを選ぶことで、今年らしいオフィスカジャルスタイル の完成です。

 

さらりと着こなす“シャツアウター”

コーデの詳細・購入はこちら

重たい色味のアウターもシャツ生地のアウターならデザイン性・機能性抜群の嬉しいアイテム。

さらに主役級のシャツアウターを引き立たせるために、春のマストアイテム“白スニーカ” で春の装いに。

 

トレンドの“ゆったりアウター”

コーデの詳細・購入はこちら

トレンドのゆったりとしたアイテムとの合わせは周りのアイテムとのバランスが重要!

コーディネートの重心が上半身に偏りがちなので、ボトムスはアンクル丈のパンツをチョイス することで、バランスを下半身にも意識させました。ベージュのボトムスと白スニーカーの合わせは、春の主役スタイリングに取り入れてください。

 

春のモノトーンスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

暖かくなってきてもモノトーンコーデを楽しみたいなら、少しの“肌見せ”がポイント に。インナーは首元が詰まる、シャツやクルーネックを避け、Vネック・Uネックなどのインナーをあわせましょう。

ホワイト・グレー・ブラックと上手にグラデーションさせているのもお見事◎

 

清涼感あふれる“白シャツ”が今年もマスト

コーデの詳細・購入はこちら

1枚さらりと羽織るだけでコーディネートが一気に爽やかになる、“白シャツ”は春のマストアイテムだ。

上半身は無彩色で揃え、ボトムスにさりげなくネイビー をもってくることでより、柔らかい雰囲気 を演出しています。

 

程よい柄が春の主張

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルになりすぎないように、うっすらと柄が入ったシャツをチョイス。淡い色味が濃紺のデニムとの相性も良く 、コーディネートのバランスも◎

夏の白スニーカーおすすめコーデ20選

▲目次に戻る

春先の人気もそのままに夏場でも白スニーカーは人気ですね。

ハーフパンツなど男性はより、足元のオシャレが目立つ時期だけに、間違ったあわせ方だけは避けたいのが本音。

そんな夏場の白スニーカーのオススメコーディネートを紹介しちゃいます。

アーバンカジュアルスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

今年は明るい色のアイテムをポイントでコーディネートにいれるのがマスト。

明るい色のトップスでもシンプルなデザインのものをチョイスすれば、コーディネートのポイントになります。無地アイテム同士の組み合わせが大人の雰囲気を漂わせる。

 

ミリタリリラックススタイル

コーデの詳細・購入はこちら

緩めのサイズ感のトップスに合わせるのは、今季のトレンドカラーでもある“カーキ”のボトムス。

カーキのボトムスの主張が強い分、白スニーカーの存在感も一層引き立ちます

 

スケートMIXコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

今年のトレンドを押さた袖にラインが入ったカットソーの重ね着や、スニーカから見えるミドル丈のソックスが、80年代のスケータースタイルを現代風にうまく取り入れている

膝上にボトムスの丈を合わせることで、より足元のオシャレを引き立たせることができる。

 

人と差をつけた“ワイドパンツスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

今季他人との差をつけるなら、ワイドパンツで一歩先のコーディネートに。

ボトムスにワイドパンツえおあわせているので、トップスは野暮ったく見えないようにタイトなサイズ感を合わせるのが◎

 

シンプルビーチスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなトップスが引き立っているのも、ライン入りのボトムズの存在が大きい。

コーディネート全体をタイトなアイテムであわせたIラインだが、トップスを少しロング丈のタイプ をあわせているので今年っぽいスタイリングに。

 

レイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

同系色のトップスとボトムスのコーディネートを成立させているのが、レイヤードさせている白のタンクトップの存在が大きい。

タンクトップのレイヤードとボリュームのあるスニーカーのあわせが、ストリートの雰囲気をプラス。

カジュアルスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

カットソーにハーフパンツ。夏の定番スタイリングがシンプルになりすぎないのもサングラスや、ネックレス、ブレスレットなどの小物使いが鍵になります

ローカットのスニーカーがビーチを歩いているような雰囲気を漂わせる。

 

シンプルなコーディネートの時こそカットソーで“インパクト”

コーデの詳細・購入はこちら

デニムパンツにカットソーだとシンプルになりがちだが、プリントTシャツなど、シンプルなアイテムの中でも個性のあるデザインをチョイスしよう。

カットソーの短めの丈がヒップラインを全部出し、足が長くスタイリッシュに見せることができます。

 

無地アイテムで作る“大人かっこいい”

コーデの詳細・購入はこちら

無地アイテムの組み合わせで子供っぽさを排除し、かっこいい大人の着こなしに。

ホワイトを基調としたコーディネートにボトムスでネイビーを合わせることで清涼感あふれる夏の着こなしに

シンプルなスタイリングだからこそ、主張しすぎないバックパックがGOODな合わせに。

シンプルすぎない“夏ニットコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

人との差をつけたいなら一枚で表情のある夏ニットが今年っぽくてオススメ

トップスのニットにあわせて淡い色のボトムスを合わせれば、このかっこよさは誰の目にも止まるはず。

スニーカーの白がコーディネートを昇華させてくれる。

 

シンプルレイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ストリート要素の強いレイヤードスタイルを、シンプルなアイテムを組みあわせてタウンユースに落とし込んでいます

動きやすいストレートタイプのボトムスをあわせれば、レイヤードスタイルがきれいに決まります。

大人の休日スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ラフに過ごしたい休日も今季トレンドの“カーキ”のボトムスを差し込むことで、一気にトレンドを取り入れたスタイリングに。

トップスが淡い色だけに濃色のカーキでコーディネートにメリハリ をつけている点も◎

シンプルなスタイリングに“ちょい足しアイテム”で格上げ

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなアイテムな組みあわせの時にこそ、ボーダー柄などを加えることでコーディネートにメリハリをつけることができます。

またネイビーとグレーの高相性の色の組み合わせが他の人の目を引くこと間違い無し。

夏場に作る“デニムシャツスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

暖かくなってきても5部袖のデニムシャツなら、夏場でも“モテかっこいい”デニムシャツ を使ったコーディネートの完成だ。

またスキニーパンツにあわせてトップスもジャストサイズをあわせるのがポイントです。

大人のシャツスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ブラックのシャツをデニムパンツでカジュアルダウンさせたコーディネート。シューズ・バックを白で統一しているのでクリーンな印象に。

シューズに裾がかからないバランスがこのコーディネートのセンスの良さをうかがわせる

大人の“モノトーンスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

夏場でもモノトーンスタイルを楽しみたい方にオススメのコーディネート。ホワイトの色味を全体の50%以上を締め、グレー・ブラックと無彩色でグラデーションを作っております

モノトーンスタイルで印象が強くなるスニーカーを白にすれば、コーディネートが一気に夏の雰囲気に。

 

夏場のレイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

襟付きのエレガントのシャツも、パーカー・デニムパンツとあわせてカジュアルダウンしました。

この時期に嬉しい丈のデニムパンツはこれからの時期に重宝されることまちがいなし!トップスがシンプルでもボトムスのヒゲ加工(シワ)がコーディネートを昇華させてくれます。

真夏の“スポーツMIXスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

ポロシャツなどスポーツテイストを取り込むのが今季流。

ホワイトとベージュで作る“絶対にはずさない”色の組みあわせ が好印象。

小物で重たい色をつかってコーディネートを締めております。

マリンMIXスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

爽やかなマリンボーダー柄のカットソーが目を引くコーディネート。

飾り立てしていないトップスの組み合わせの時だからこそ、ボトムスなどで“こなれ感”を演出してあげるのがオシャレ上級者の着こなし。

 

重すぎない“ブラックコーディネート”

コーデの詳細・購入はこちら

シャツとボトムスの色味を合わせコーディネートに統一感を演出。

コーディネートが重たく見えないように、トップスのブラックはライトな色を合わせ、インナーにホワイトを差し込むのがポイントです。

 

白スニーカーの人気ブランド15選

▲目次に戻る

adidas(アディダス)STAN SMITH スタンスミス ¥11,880~¥19,440

詳細・購入はこちら

白スニーカーブームの火付け役になったと言っても過言ではないのがadidasのスタンスミス

シンプルなデザインながらアクセントになる色使いの可愛さや、どんなボトムスにも合わせやすい機能性から白スニーカーに入門編のシューズ だ。

 

adidas(アディダス)SUPERSTAR スーパースター ¥12,420~¥17,280

詳細・購入はこちら

前述のスタンスミスブームの後に2016年〜レディースを中心にブームになり、一時期は入手困難になる程人気のアイテムです。

時代の背景にスポーツティストを取り入れたスタイリング が流行り、ジャージ素材のボトムスや裾切りっぱなしのデニムパンツなどと好相性なことから人気に火がつきました。

このスニーカーの特徴はベースの色が白なんだが、黒い線がサイドに入っているで今まで黒スニーカーしか履いてこなかった人も違和感なく着用することができる

 

CONVERSE(コンバース)ALL STAR HI オールスター ハイ ¥5,940~¥12,960

詳細・購入はこちら

オシャレさんの定番アイテムとも言える、コンバースのオールスター。

手頃の値段設定から何足も買いたくなるアイテム。

スキニーパンツのブームとともに、スキニーパンツと相性が良い ことから人気がさらに加速し、長年愛されているスニーカーです。

 

hummel(ヒュンメル)REFLEX LOW/リフレックス ロー HM63781 ¥8,100

詳細・購入はこちら

デンマークのブランドでビジネスシューズやキッズシューズなどの販売もしているので、馴染みがある人も多いと思いますが、現在若者の間でもブームとなっております。

白スニーカーにアクセントになるPOPな色使いや、はき心地の良さ など一度購入した人でファンになる人が多いことでも有名です。

 

Reebok(リーボック)インスタポンプ フューリー ¥19,440〜¥25,920

詳細・購入はこちら

各セレクトショップもこぞってコラボレーションし、人気のReebokのインスタポンプフューリー。

他者を圧倒するボリューム感溢れるシルエットや、ポンプを押してサイズを調整するなど何もかもが斬新的なスニーカー。

コーディネートがシンプルな時などアクセント使いができるのでオススメ です。

 

NIKE(ナイキ)AIR MAX 90 ESSENTIAL ¥14,040

詳細・購入はこちら

1990年代のAIRMAXブームで一気に人気になった「NIKE AIRMAX」ですが近年若者の間で再ブームしております。

昔のようにバスケットシューズのイメージが強かったブランドも現在風にアレンジ されコーディネートに取り入れやすくなっております。

 

New Balance(ニューバランス)MRL247 Classic ¥8,800

詳細・購入はこちら

2013年〜年代を問わず人気のニューバランス。

もともと明るめな色が多い同ブランドですが、現在風に白を基調としたデザインを販売。昔ならモード系のスタイルなどに合わせにくかったブランド ですが、この白黒デザインは新たなコーディネートの鍵となる

 

BY SUPERGA(スペルガ)CLASSIC スニーカー ¥6,800〜¥7,800

詳細・購入はこちら

イタリアの老舗シューズブランドでもあるスペルガは、ファッションモデルなどがこぞって着用し人気に火がつきました。

シンプルなローカットなデザインがコーディネートに取り入れやすく、カジュアルスタイルには定番のスニーカーブランド です。

 

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー) セラーノ ¥8,640

詳細・購入はこちら

asics社が提供するブランドオニツカタイガーは、asics製品のはき心地の良さを残しつつ、現在風なデザインで若者や海外でも人気の日本発祥のブランド です。

ローカットスニーカーのフォルムの美しさなどは、履いた時の足のシルエットにフィットする感じがスニーカー好きを虜にする。

 

VANS(バンズ)AUTHENTIC オーセンティックスニーカー ¥4,309〜¥8,640

詳細・購入はこちら

昔から馴染み深いVANSのスニーカーのオーセンティックは、キャンパス地で履きやすく、シンプルなデザイン、リーズナブルな価格設定 で人気があります。

夏場などハーフパンツなどとの相性も良く、街中でよく着用しているのをみる人気の商品です。

 

PUMA(プーマ)TSUGIシンセイ スニーカー ¥13,500~¥14,580

詳細・購入はこちら

近代的なデザインはもちろんの事、スポーツブランドが提供するスニーカーだけあってはき心地もよく、スニーカーとは思えない軽さも魅力。

靴ひもを隠したデザインやバックに刻印された「PUMA」 のロゴがかっこいい。

 

Admiral(アドミラル)INOMER HI WP イノマーハイ ¥8,964~¥9,180

詳細・購入はこちら

ちょうどよいMIDカットのスニーカー は長時間履いていても疲れにくく、足首がすっぽりと収まるデザインは嬉しいポイント。

写真のような綺麗なホワイトなので足元から目立てる事間違いなし。

 

Y-3(ワイスリー)STAN ZIP ¥42,660

詳細・購入はこちら

サイドにZIPを施した斬新的なデザインはモード系スタイルにはフィットするスニーカー である。

素材や質感などにもこだわりがあり長年愛用できます。黒と白との配色バランスがとれも綺麗な1足です。

 

AIRJORDAN(ジョーダン) エアジョーダン XVI レトロ ¥12,980~¥26,500

詳細・購入はこちら

コーディネートのアクセントになるボリューム感溢れるスニーカーは白ベースに、斬新的なフォルムが特徴。

バスケットボールシューズのイメージだが、現在流行りのストリート系のスタイルに使えると若者を中心に人気のアイテム。

 

PUMA(プーマ) コートポイント ¥4,908~¥5,890

詳細・購入はこちら

シンプルなデザインでボトムスを問わずコーディネートに使えて、肉厚なインソールが長時間の歩行でも歩きやすい。

全体のフォルムがスタイリッシュ なので、夏場などショートパンツにあわせての着用がオススメです。

白スニーカーに合う服装・アイテム5選

▲目次に戻る

キャンパス地トートバック

コーデの詳細・購入はこちら

白スニーカーと最も相性が良いともされるバックがキャンパス地を使った、トートバック。

シンプルなデザインや、洗濯も可能な機能性など、嬉しいポイントが満載。

 

無地Tシャツ

シンプルなローカットスニーカなどには、シンプルなTシャツとの合わせが好相性。さっらと一枚着てコーディネートが完成される。

ロングベルト

ベルトループからチラリと見える、ベルトがアクセントになります。

同色のベルトなら統一感がでて寂しい腰回りを着飾ることができます。

 

ライトブリーチデニム

コーデの詳細・購入はこちら

淡い色味のライトブリーチデニムには、白スニーカー以外のシューズを合わせにくくなっております。

ボトムスが薄い色味なので、白スニーカーをしっかりと主張できる点も◎

 

スラックスパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

白スニーカーでカジュアルになりすぎたくない人は、ボトムスをスラックス生地に。エレガントな装いになります。

まとめ

▲目次に戻る

年間通して使える白スニーカーを気に入ってはいただけましたでしょうか?

男性は女性に比べてシューズにかける金額や、何足も持っていないというデータがあるように、そんなに多い頻度でシューズは買わないですよね。

私の経験上、トップスやボトムスを変えるのもいいですが、シューズを変えるとコーディネートが劇的に変化します ので、みなさまもためしてみてくださいね!


The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

SNSで更新情報をチェック♪

Twitterフォロー


Facebookいいね!

 

-シューズ

Copyright© プロが教えるファッションコーデ術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.