パーカーおすすめコーデ46選+人気ブランド10選

アイテム詳細を見る

こんにちは。メンズの定番アイテムであり、毎年改良されている「パーカー」

もはや、その人気は不動のものと言ってもいい次元かもしれません。

ただ簡単にスタイリングに取り入れ定番になっているからこそ落とし穴が。あなたのパーカーの着こなし間違っていませんか!?

他のアイテムには出せない“多種多様な”をコーデ方法があるのが一番の魅力。

今回は、“パーカー”を活用したメンズ着こなし術をお話していきます。是非参考にして普段のコーディネートを格段に彩ってみましょう。

 

この記事の目次

パーカーとは

アイテム詳細を見る

▲目次に戻る

パーカーとはトレーナーシャツにフードがついた衣類の一部のことをいいます。

パーカーにもフードに紐が付いていてサイズ調整ができるデザインや、前がシップで開け閉めできるデザインの物も多く見られます。

他にも前身頃に左右のどちらからでも手をいれられるデザインのものが多いのが特長です。

 

 

パーカーの種類

▲目次に戻る

プルオーバーパーカー

アイテム詳細を見る

頭から“スッポリ”とかぶるデザインのパーカーを“プルーオーバーパーカー”と呼びます。前にシップやボタンなどの付属はなく、正面から見ても装飾がないぶんシンプルな印象を与えることができます。

スウェットのような生地で作られていることが多く、やぼったく見えてしまう印象もあるので重ね着をする際は注意が必要。

子供っぽく見られてしまうので、柄物より無地のデザインが多いと言われております。

 

ジップアップパーカー

アイテム詳細を見る

前面にジップと呼ばれるチャックが付いているので着脱が楽なのが魅力なデザイン。前節のプルーオーバータイプは“着る”感覚だが、ジップパーカーの場合は“羽織る”感覚でコーディネートに取り入れることができます。

また前面を開けた場合、インナーのおしゃれやネックレスなどの小物を見せることができるので、さまざまな着こなし術を楽しむことができます。

 

マウンテンパーカー

アイテム詳細を見る

元々は登山用に防寒・防水性や他の衣類と異なり耐久性もそなえているのがマウンテンパーカーの魅力。

現在では街中でも着用できるように、スリムなデザインで軽量化されたタイプが多く出回っております。

表面に特殊な加工をされているので頻繁に洗う必要がなく、汚れが目立ってきたら自分で手洗いが必要となってきます。

 

ボタンパーカー

アイテム詳細を見る

パーカーで前開きできるデザインでジップパーカーとは異なり、ボタンが装飾されているのが特長となります。

ジップパーカーに比べ、ボタンがアクセントになり、さまざまなタイプがリリースされているのが魅力の1つで、ボタンが付いているぶん着脱も楽なので軽い羽織としても優秀なアイテムです。

 

ダブルジップパーカー

アイテム詳細を見る

通常のジップパーカーのように前開きのデザインをジップで開け閉めできるのですが、ダブルジップの場合、上からでも下からでも開け閉めすることができます。

ジップが2つ付いていることにより、さまざまな着こなしが可能。

ダブルジップにすることで上手くスライドしないなど難点があるように思えるが、その場合はしっかりと差し込まれていないか、それでもスライドに不具合の場合はロウを塗ることで解消しましょう。

 

ボリュームネックパーカー

アイテム詳細を見る

首元にボリュームがあるデザインが特長のデザイン。前首部分にボリュームがあるためにフード部分が立体的に見え、ジャケットやブルゾンなどのインナーとしても存在感を発揮することができます。

 

ダブルフードパーカー

出典:ZOZO

通常1つのフードが一般的ですが、フードが2枚重ねになった個性的なデザイン。その場合は異なる素材・デザインで構成されている場合が多いです。

フードにボリュームを出すことができるので、軽い羽織感覚で着れるライトアウターとして着用するのもおしゃれに着用できます。

 

 

パーカーコーデをおしゃれに見せる3つのポイント

▲目次に戻る

キレイめアイテムを入れる

アイテム詳細を見る

きれいめアイテムの定番でもあり王道のテーラードジャケットは、カジュアルな印象が強いパーカーを助けてくれる最適なアイテム。

パーカーの上に羽織ることで、パーカーのボリュームを抑えスタイリッシュに演出でき、ジャケットからすこし見えるフード部分が女性受けもよい◎

 

コーデ例)ジャケットを使ったキレイめスタイル

アイテム詳細を見る

ジャケットにデニムパンツの組み合わせは、「女性が彼氏にしてほしい洋服の組み合わせ」ランキングで常に上位に入ってるコーディネートですね。

さらにパーカーを差し込めば、おしゃれ上級者と思わせること間違い無し。

 

細身のシルエット

アイテム詳細を見る

ただでかいだけのパーカーはナンセンス。大人の着こなしはスタイリッシュなシルエットを選ぶことが正解。細身のアイテムをチョイスすることで、アウターのインナーとして着用した場合、ごわついた不快感を軽減することができます。

 

コーデ例)細身のパーカーを使ったスタイル

アイテム詳細を見る

細身のシルエットのアイテムでまとめたコーディネート。全体的にスタイリッシュにまとめているので上品な大人メンズコーディネートに仕上がっています。

 

カラー選び

出典:ZOZO

長年使うためにも落ち着いた色味をチョイスすることをおすすめします。定番の“ホワイト・グレー・ブラック”の3色は単品使いした場合も、コーディネートに取り入れやすいので是非抑えておきたいカラーです。

 

 

パーカー人気色3つ

▲目次に戻る

ホワイト

アイテム詳細を見る

春先から初夏にかけて、パーカーの暑苦しさを軽減し爽やかさをプラスしてくれるのもポイントです。他のカラーに比べてナチュラルなこなれ感を演出してくれます。

 

グレー

アイテム詳細を見る

グレーの色味は、着こなしの幅が広くさまざまなテイストにもマッチしてくれる安定感が魅力のカラーです。コーディネートに1つカラーを足したいときに助けてくれる率NO.1カラーです。

 

ブラック

アイテム詳細を見る

秋から冬にかけて多く見られるのが、ブラックの色味。体のシルエットが引き締まって見え、スタイリッシュな印象を与えてくれます。

モノトーンコーデやオールブラックコーデなど流行のスタイリングにかかせないカラーですね。

 

 

夏のパーカーおすすめコーデ10選

▲目次に戻る

シルエットにこだわった“Iライン”コーデ

コーデの詳細・購入はこちら

全体的に細身のアイテムでまとめることで、ラフでこなれ感のある仕上がりに。スタイリッシュな着こなしを楽しみたい方はこの機会に一度取り入れてみましょう。

 

ブルーを基調としたアイテムで作る“夏の清涼感”

コーデの詳細・購入はこちら

夏のマストカラーでもある“ブルー”を基調としたコーディネートは涼しげがあり◎シンプルなコーディネートなのでクラッシュデニムなどでアクセントを!

 

ライン入りボトムをプラスで“大人カジュアルスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルな着こなしを好む方は、パーカーにライン入りボトムをあわせるスタイリングが正解。足元の白スニーカーがコーディネートをより爽やかに演出してくれます。

 

夏のおしゃれは“ワンポイント”アクセントが好印象

コーデの詳細・購入はこちら

無地のパーカーはオーバーサイズで着用するのがトレンドです。足元のハイカットスニーカーが夏のストリートスタイルを確立させてくれます。

 

夏のパーカーは“5分丈”が王道スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

パーカーの丈が5部丈ならカジュアルな印象を軽減してくれます。シルエットも人気の“Yライン”シルエットでバランスの良いスタイリングに仕上がってます。

 

クラッシュデニムで作る“夏のストリートスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

90年代のストリートスタイルを感じさせる“クラッシュデニム”と現在を象徴する“アート風”のパーカーがうまく調和されたスタイリング。ローカットのスニーカーで合わせる点など、従来のストリートスタイルの概念をうまく壊しています。

 

ジャージパンツで作る“スポーツMIXスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

メリハリがある白とブラックの2色使いが、夏のスタイルを確立してくれます。ボトムをジャージ素材にする事でスポーツ要素をプラスしてくれているのもポイント。

 

袖なしパーカーは“スポーツMIX”スタイルに最適

コーデの詳細・購入はこちら

個性的なノースリーブパーカーには10分丈のデニムパンツを合わせることでGOODバランスに◎着丈が長めのパーカーを取り入れることで、流行のスポーツMIXスタイルの完成です。

 

ポップなスタイルリング

コーデの詳細・購入はこちら

着る人を選ばない“ポップな柄”は期待を裏切らない安定感。ボトムスも主張の少ないブラックスキニーであわせて全体のバランスを整えております。

 

シンプルがおしゃれな“夏のカジュアルコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

全体をシンプルにまとめた分、ボトムでアクセントを加えたのがポイントです。足元もスニーカーで軽快に。

 

 

秋のパーカーおすすめコーデ10選

▲目次に戻る

秋の定番色“カーキ”は“ボトム”で取り入れる

コーデの詳細・購入はこちら

秋のトレンドカラーの「カーキ」を取り入れるだけでおしゃれ度が格段に上がります。カーキのボトムは主張が強いので他のアイテムはモノトーンであわせましょう。

 

無彩色であわせた“モノトーンコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

ゆったりと着用したパーカーで“イマドキ感”を演出することができます。トップスをオーバーサイズに変えるだけで普段の印象をガラリと変えることができます。

 

ニットパーカーで作るカジュアルスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなスタイリングの中に足元は革靴でドレス要素を取り入れる◎パーカーの下にシャツをあわせれば休日などに真似したいカジュアルスタイルに。

 

ゆったりパーカーで作る“Yライン”コーデ

コーデの詳細・購入はこちら

モカとホワイトの相性は抜群。無地などシンプルなアイテムは、ビックシルエットなどを着用し、シルエとでコーディネートするのがポイントです。

 

キレイめな“大人カジュアルスタイル”

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなパーカーをシンプルなアイテムで合わせて、全体をタイトに着こなすことで女性からの印象も◎

 

MA-1がアクセントになる“レイヤードスタイル ”

コーデの詳細・購入はこちら

ポイントはMA-1とパーカーの色味を合わせてあげる事で、上半身に統一感を出し、ボトムスはベーシックな色味、ブラックを基調にまとめる事です。

裾からさりげなく見せるソックスも◎

 

ダークトーンでまとめた“カジュアルコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

ベーシックな色味で楽しむのもいいですが、ダークトーンで落ち着いた大人の雰囲気を演出するのも◎ベーシックなサイズ感で合わせることで上品できれいな着こなしに。

 

ビックパーカーで防寒&ゆるコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

パーカーをメインに着用するならゆったりシルエットで着用するのが今期流。ボトムに迷彩柄など個性的な柄を取り入れる事でコーデのアクセントに。

 

ガレッジパーカーで作る“ゆるコーデ”

コーデの詳細・購入はこちら

ガレッジパーカーにデニムパンツをあわせたゆるコーデ。すこしお茶目で可愛げがあるパーカーでワンランク上の秋コーデにトライしてみて。

 

シンプルなアイテムの組み合わせは“王道のカラーリング”でコーディネート

コーデの詳細・購入はこちら

シンプルなアイテムのあわせの場合は王道のカラーリングが◎足元も革靴でカジュアルになりすぎないようにスタイリングしてます。

 

 

冬のパーカーおすすめコーデ10選

上品に大人は白を着こなす

コーデの詳細・購入はこちら

冬場に上品なスタイリングを可能にしてくれるのが白のパーカーの活用です。

同系色のグレーのPコートとあわせる事で自然な白パーカーの着こなしを可能にしてくれます。

 

インナーにボリュームを持たせた冬スタイル

コーデの詳細・購入はこちら

インナーにボリュームのあるアイテムを合わせればスタイリッシュに冬の重ね着を楽しむ事ができます。

スラックスとの合わせだけでなく、足元は革靴で上品にまとめてます。

 

ネイビー✖️ホワイトの高相性カラーで作るレイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ネイビーとホワイトの相性が良いカラーで作るレイヤードスタイル。

ゆったりシルエットのコートにスタイリッシュなパーカーを合わせているので、コーディネートのバランスも◎

 

 

モコモコパーカーでカジュアルダウン!

コーデの詳細・購入はこちら

モコモコパーカーは防寒性はもちろんのこと、雰囲気から柔らかさを感じさせてくれます。

ボトムスはシンプルに合わせるのが主張の強いアイテムとの組合せ方法です◎

 

ロングコートで作るレイヤードスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ングコートの上品なイメージも、パーカーを差し込むことでカジュアルな雰囲気を演出してくれます。

デニムパンツとの合わせが、より親近感のわくスタイリングに仕上げてくれます。

 

今年真似したいレイヤードスタイルがここにあった

コーデの詳細・購入はこちら

幅広い年代で愛されるレイヤードスタイル 。冬ですが、ネイビーとホワイトの色の組み合わせが初対面の人からも好印象を持たれること間違いなし。

シルエットも人気の“Yライン”を意識したスタイリングに。

 

シックな色の組合せが◎

コーデの詳細・購入はこちら

シックな色味のアイテムは大人びた印象を与えてくれます。着丈が短いブルゾンだからこそ、レイヤードを楽しめます。

ボリュームのあるパーカーがコーディネートのアクセントになり、このスタイリングをオシャレにまとめてくれる。

 

ボアジャケットのインナーにパーカーは“アリなのです”

コーデの詳細・購入はこちら

全体のシルエットは今期流行中のゆるシルエット。

ボア素材のブルゾンにはパーカーで合わせるのもカッコ可愛いスタイリングに仕上がります。上品にスラックスで合わせれば、普段のスタイリングから一歩格上げしてくれます。

 

人気のCPOジャケットのレイヤードが斬新です!

コーデの詳細・購入はこちら

今期流行中のCPOジャケットを使ったスタイリング。ビックシルエットのCPOジャケットだからこそインナーにパーカーが好相性。

上半身にボリュームがあるので、下半身はスタイリッシュに決めるのがGOOD!

 

素材感の違うアイテムをコーデに取り入れる!

コーデの詳細・購入はこちら

インナーに素材感の違うアイテムを差し込むことで普段とは違う装いに。ワイドパンツで合わすのが決めすぎていない大人のスタイリングに。

 

 

パーカー人気のブランド10選

▲目次に戻る

アディダス(adidas)

出典:ZOZO

国内のスポーツブランドとして有名ですが、歴代の商品を現在のファッションに蘇らせた“アディダスオリジナルス”が人気。

トレフォイル(三つ葉)のロゴマークが、ブランドのオリジナルティー溢れる斬新なアイテムを展開してくれる。

アディダス一覧・購入はこちら

adidas originals CALIFORNIA FT FULLZIP HOODIE

ジャージ素材のパーカーもスタイリッシュなデザイン、フード付きのタイプをチョイスすることでタウンユースに落とし込んだ、現在的なスタイリングを可能にしてくれるアイテムです。

 

アバクロ(Abercrombie & Fitch)

出典はこちら

アバクロとは男女問わずカジュアルが魅力のブランド。可愛らしくもありかっこいいデザインが海外のスポーツ選手や有名人もこぞって着用し人気に火がつきました。

日本では直営店が少ないので、ネットでは偽物が多いのでご注意を。

アバクロ一覧・購入はこちら

Abercrombie&Fitch ジップアップパーカー

人気のアバクロのロゴがデザインされたジップパーカー。デニムなどとカジュアルなあわせや部屋着としておしゃれに着るのもいいですね。

 

ユニクロ(UNIQLO)

出典:WEAR

国内のファストファションブランド。時代のニーズに合わせたトレンド商品を低価格で提供してくれるので、お財布に優しくおしゃれを楽しむことができます。

ドライEXフルジップパーカ

出典:ユニクロ

ユニクロの定番でもあるパーカー。毎年改良されており、最新のではスタイリッシュなデザインで重ね着はもちろんの事、単品使いでも活躍してくれます。

 

チャンピオン(champion)

出典:WEAR

2014年頃から人気に再度火がつき、セレクトショップなどでも置いていないショップは見なくなるぐらい各ブランドがセレクト・別注している人気のブランド。

今までチャンピオンを知らなかった若い世代はもちろんの事、大人でも楽しめる“安心感”があるのがチャンピオンの魅力ですね。

チャンピオン一覧・購入はこちら

Champion 裏毛 ロゴプリント プルオーバー スウェットパーカー

子供っぽくみえてしまうプルオーバーのパーカーでも、チャンピオンのロゴが入っているだけで大人カジュアルの強い味方に。

 

ループウィラー(LOOPWHEELER)

出典:ZOZO

日本発のブランドであり“吊り編み機”で編まれたスウェットが多くの人を魅了するブランドです。シンプルながらも存在感があり大人らしい表情を演出してくれます。

ループウィラー 一覧・購入はこちら

LOOPWHEELERライト スリム プルオーバーパーカ

滑らかな表面が特徴で、単品使いでもコーディネートの主役になれるアイテム。

 

ORCIVAL(オーシバル)

出典:ZOZO

フランス発祥のブランドでミツバチのマークが特徴のブランドです。マリンボーダー柄がブランドの代表的なデザイン。シンプルでおしゃれなデザインでワークスタイルにもよく使われているブランドです。

オーシバル一覧・購入はこちら

ORCIVAL オーシバル FRENCH TERRY プルオーバーパーカー

シンプルでも多くの人に愛されるのは高品質で着やすいのがファンを増やしている理由の1つですね。腕元のさりげないブランドロゴが◎

 

N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)

出典:WEAR

2000年にデザイナー尾花大輔がスタートさせたブランド。スタート時は「ミスターハリウッド」で2002年から今のブランド名である「N.ハリウッド」で東京のコレクションにデビューさせた。

エヌハリウッド一覧・購入はこちら

N.HOOLYWOOD 51 pieces PARKA プルオーバー パーカー

シンプルなプルオーバーパーカーは様々なスタイリングに使える着まわし力が魅力◎

 

YAECA(ヤエカ)

出典:WEAR

上質な国内アパレルブランドで多くの人を虜にしているブランド。年齢を重ねるにつれて“こられた感”を出すカジュアルファッションを楽しみたい方におすすめです。

YAECAプルオーバーパーカー

デートなどの際にさらっと羽織れるのが魅力のジップパーカー。デニムなどとあわせてさりげないカジュアルな着こなしを楽しめる。

 

filmelange(フィルメランジェ)

出典:WEAR

フィルメランジェは日本のカットソーブランド。「わた」から「糸」「生地」「縫製」に至るまで自社開発を行っており、最高峰のカットソー作りを追求している。

フィルメランジェ一覧・購入はこちら

FilMelange『JEFFREY2』(mix melange)

混色の糸使いが、同じグレーでも異なる色使いが演出してくれます。着心地も他のブランドにはなく、高級な肌触りも選ぶ際のポイント。

 

DRESSTERIOR(ドレステリア)

出典:ZOZO

日本の質のいい物、昔から変わらず、ここでし買えないアイテムをセレクトしているブランド。高品質のアイテムの組み合わせはワンランク格上げしてくれ大人のスタイリングを提供してくれます。

ドレステリア一覧・購入はこちら

DRESSTERIOR VioletBuffaloWallowsかのこ編みニットパーカー

シンプルながらもスタイリッシュなシルエットが大人カジュアルスタイルを演出してくれます。

 

 

パーカーに合うアイテム10選

▲目次に戻る

テーラードジャケット

コーデの詳細・購入はこちら

きれいめなテーラードジャケットにカジュアルなパーカーをあわせた“大人カジュアルスタイル”です。

パーカーの野暮ったさも細身のジャケットで合わせることでよりスタイリッシュに着こなすことができます。

 

デニムジャケット

コーデの詳細・購入はこちら

デニムジャケットの着こなしの際にインナーで迷ってしまいますが、パーカーを差し込んでみてはいかがでしょうか?

カジュアルなアイテム通しの組み合わせですが、デニムジャケットのブルーと相性の良いホワイトのパーカーを合わせることでカラリングでも調和させております。

ボトムスもスキニーパンツで合わせれば、より上品な大人のスタイリングになります。

 

レザージャケット

コーデの詳細・購入はこちら

革アイテムとでも異素材のパーカーとの合わせは◎レザージャケットのタイプはシングルのタイプを選びましょう。

またジップパーカーを合わせることで、レザージャケット・パーカー・カットソーとレイヤードスタイルを楽しむことができます。

 

MA-1

コーデの詳細・購入はこちら

MA-1とパーカーを合わせる際は、パーカーはオーバーサイズのタイプを選ぶことで好バランスに◎ボトムスもゆったりとしたシルエットのタイプを選ぶことで、こなれ感を演出できます。

全体の色味を抑えることで、カジュアルなアイテムの組みあわせも上品な印象を与えることができます。

 

ステンカラーコート

コーデの詳細・購入はこちら

「オン・オフ」両方で使えるステンカラーコートは、パーカーと合わせることで大人の休日スタイルの完成です。

全体をシンプルにまとめているので、バックなどの小物で革素材を取り入れるのポイントです。

 

シャツ

コーデの詳細・購入はこちら

パーカーのインナーをシャツに変えるだけで、カジュアルな印象から一気にエレガントな雰囲気を演出してくれます。

上半身のエレガントな雰囲気を壊さないためにも、ボトムスもスラックスで上品にまとめましょう。

 

スラックス

コーデの詳細・購入はこちら

ホワイト・グレー・ネイビーのGOODバランスの配色が決め手のスタイリングは、足元もスニーカーでカジュアルダウンしているのもポイント。

アンクル丈(9分丈)の長さから見える男のくるぶしが、さりげなく色気を演出してくれる。

 

デニムパンツ

コーデの詳細・購入はこちら

ロールアップすることで季節感を演出でき、誰でも簡単に取り入れられるワンポイントおしゃれはコーディネートに取り入れてみましょう。

 

 

 

さいごに

▲目次に戻る
パーカーを使ったコーディネート術はいかがでしたでしょうか?

さまざまなスタイリング方法、参考にしていただけたら幸いです。

私もパーカーは年間通して着用することができる“万能アイテム”だと気付いてからコーディネートの幅が広がりました。

今度の休みはおしゃれして出かけたい。これからの時期に何のアイテムを買っていいかわからない。そんな方には一枚“パーカー”を買うことでおしゃれを楽しんで出かけちゃいましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。 ツイッターはこちら

コメント

Top
タイトルとURLをコピーしました