アパレル歴10年のスタイリストがレクチャーします。

プロが教えるファッションコーデ術

パンツ

チノパンのおすすめコーディネート65選

更新日:


1

今回はメンズのボトムスの中でも取り分け人気のある「チノパン」 にスポットを合わせてご紹介していきたいと思います。

 

洋服を購入する際に多くの方は、トップス(アウターやトップス)などの上物を多く購入し、ボトムスを購入するのは年に1〜2本の方が多いのです。

 

特に男性の方は一度気に入ったボトムスを古くなるまで着続ける傾向にあり、お気に入りのボトムス1枚でコーディネートを回している方も多いのではないでしょうか?

 

ボトムスはコーディネートの50%を占める大事なアイテムなのです!

 

今回の記事でみなさまのコーディネートを1段と格上げできて、“カッコよくなる” お手伝いをできたら幸いです。

この記事の目次

チノパンとは?

チノパンhttp://blog.circleofcircus.com/?eid=136

当たり前のように耳にしてきた「チノパン」 ですが、元々はアメリカの陸軍の作業着としてて用いられていたパンツです。だからチノパンを使ったスタイルは一般的にワーク系スタイルのカテゴリーに分類されます。

また生地も「チノ・クロス」 と呼ばれる綿やポリエステル(稀に麻) の生地で出来ており、主にベージュや茶系の色味が主流である。

 

綿の生地は基本的に綾織り、防水加工が施されているものもある。

 

綿パンとチノパンの違い

20140712_258181http://blog.circleofcircus.com/?eid=136

綿パンとはコットンパンツの総称です。大まかに言ってしまうとチノパンも綿パンの一種になります。

違いで言えばチノパンは、厚手の綾織コットン地で作られたパンツの総称の事を指し、カーキやベージュの色が多いのが特長です。

綾織りとは、織りあがった生地の表面の糸が斜めに走っているように見せる生地の織り方なので、触った感じなどはデニムのような感触があります。

 

失敗しないチノパンの選び方

▲目次に戻る

ポイントhttp://blog.circleofcircus.com/?eid=136

現在のチノパンは様々な進化を。様々なカラーシルエットがございます。

まず基本のカラーとされている、「ベージュ」や「ブラウン」「カーキ」などの定番のものから、「ブラック」や「グレー」などのチノパンでは珍しい色も近年注目されています。

 

シルエットもみなさんご存知の、「レギュラー」タイプを筆頭に「スリムタイト」「ワイド・ルーズ」「フレア・ブーツカット」がございます。

 

他にも気をつけていただきたいのだ、チノパンの丈の長さ。フルレングスやクロップド丈(7分丈)など丈の長さによっても印象は変わってきます。

 

あなたにお似合いの「カラー」「シルエット」 を下記の記事で紹介していきます。

 

チノパンの人気色5つ

▲目次に戻る

ベージュ

17893923B_b_15_500 http://zozo.jp

定番でもっとも人気のあるベージュのチノパン。ベージュのチノパンはホワイト・ブルー系のトップスとの相性がよく、落ち着いている雰囲気を演出できる点から、女性からも好感を持てる色味とされています。

またシューズも合わせやすく、ブラウンなどの茶系のものやブラック・ホワイトのスニーカーとの相性も抜群です。

ベージュのチノパンをさらにカッコよく着こなしたい!方にオススメのアイテムが、ベルト同系色(茶系)のアイテムで合わせることです。

たかが、ベルトと思う方もいると思いますが、ベージュのチノパンに合わせるベルトの色が茶系か黒系かで大きく印象が変わってきます。

女性は細かいところまで見ているものなので、細かなオシャレポイントもチェックしてもらいたい!

 

カーキ

12339142B_b_38_500 http://zozo.jp

カーキの色味は男らしさを演出してくれる色。カーキはメンズの王道のカラーでもあるブラックの意味とも相性が良い点や、普段のコーディネートから少しアクセントを加えたい時に、取り入れやすい色でもありますね!

 

また洋服全体をまとめたい時は、色味を3色以内で合わせると、オシャレ度がグーーンとアップします!

 

今回のコーディネートもハットとパンツをカーキで合わせ、インナーとシューズをホワイトに、そして面積の広いトップスをブラックであわせてるので、コーディネートのまとまりが良いですね!

 

色数を増やしすぎない! が今回のポイントですね。

 

ブラウン

14480128B_b_86_500 http://zozo.jp

柔らかい印象を与えてくれるのが、ブラウンカラーのチノパンツ。特に濃いめのブラウンパンツは秋〜冬の時期に活躍してくれるアイテム。

 

ブラウンのボトムスをチョイスした場合は、同系色のトップスを合わせるか、ブラックなど重めの色味で合わせるのがベスト!

 

今回は同系色のチェックシャツとシャツとボトムスのカラーを邪魔しないように、インナーはシンプルなものでまとめました。

 

トップスとボトムスを同系色で合わせることで、コーディネートに統一感が生まれます。

 

ホワイトのスニーカーを合わせることで、コーディネート全体が重たい印象を和らげてくれます。

 

ブラック

14014969B_b_24_500http://zozo.jp

スタイルをよく見せてくれるブラックカラーのチノパンは、スキニータイプをチョイスしてスタイルよく見せるのがポイント!

 

ボトムスにブラックをチョイスした場合は、トップスの色味は同系色(ホワイト・グレー)でまとめるのが無難ですが、鮮やかなカラーをチョイスしても合わせることができます。

 

今回はシンプルになりすぎないように、同系色でも柄物(ボーダー)のアイテムをチョイスします。

 

年齢を重ねるごとに、無地のアイテム同士を合わせる傾向にありますが、無地のトップス×無地のボトムスなど無地×無地の組み合わせは実年齢より老け込んで見えます。

 

今回は若々しさをプラスするためにも、ボーダーのカットソーを合わせることでタウンユースに落とし込んだ定番のスタイリング。

 

グレー

14537588B_b_12_500 http://zozo.jp

グレーのチノパンツのいいところが、今までデニムやブラックカラーのボトムスしか履いてこなかった人でも、コーディネートに取り入れやすいアイテムだということです。

 

グレーのチノパンツは大人っぽい雰囲気を演出してくれます。今回のコーディネートでは大人っぽさをさらにプラスするために、アンクル丈のボトムスを合わせました。

 

またグレーの色味はブルー系のアイテムと相性は良いです!デニムシャツなど一枚軽く羽織るだけで、コーディネートが完成されるので楽チンオシャレコーデの定番アイテムです。

 

シルエットのパターン5つ

▲目次に戻る

フルレングス

14480128B_b_76_500 http://zozo.jp

まずは定番のフルレングス(10分丈)のチノパンツ。もっとも親しみがあり、どんなコーディネートにも使える万能さがポイント。

 

シルエットも細すぎず、太すぎないタイプ。膝下から裾幅までシルエットが同じなので、スニーカーはもちろんのこと、革靴との相性も◎

 

細身のパンツが苦手な方などにオススメのタイプです。

 

スリムタイプ

14102300B_b_33_500http://zozo.jp

従来のチノパンツは、程よくシルエットに余裕があるのが特徴のパンツでした。近年細身のパンツが注目されてきて、スキニータイプのチノパンツも街中で見かけることが多くなりました。

 

スキニーパンツの特徴は体のラインをしっかりと見せてくれることで、スタイルがよく見ることです。

 

従来のコットンタイプのスキニーパンツより、チノパンツのスキニーパンツは、暖かい(厚手の素材のため)のも特徴です。

 

革靴などと合わせれば、チノパンのカジュアルな印象を和らげ、エレガントな雰囲気をプラスしてくれます。

 

ワイドタイプ

16770765_B_17_500http://zozo.jp

従来チノパンツはワーク系のスタイルに分類されます。このワイドタイプのチノパンツはワーク系のスタイルにピッタシのアイテム。

 

普段細身のアイテムを多く着用している人などは、ボトムスをワイドタイプのものを合わせるだけで、コーディネートの印象がガラリと変わります。

 

注意すべき点はボトムスをワイドタイプのアイテムで合わせた場合、トップスはタイトにまとめることです(Aラインコーデ)

 

トップスとボトムスもオーバサイズで着用するスタイリングもありますが、まずはトップスかボトムスのどちらかをワイドタイプに変えるだけで、自身のコーディネートの幅を広げてくれます。

 

テーパード

4455391B_8_D_500http://zozo.jp

テーパードと聞いて聞きなれない方も多いと思います。

テーパードとはシルエットはスリムタイプなのですが、太もも部分が従来よりゆとりを持って作られているタイプのパンツになります。

スキニーパンツを履きたいけど履けない!一番多い理由が、太ももやヒップの部分が細すぎてきつい!という声が多く挙げられています。

そんな悩みを解消してくれるのが、テーパードタイプのチノパンツになります。

また股上が深いので、ピチピチに見えないが、膝〜裾に向かっては細身なので、スリムパンツ初心者には是非試してほしいアイテムです。

 

ブーツカット

13768119B_b_35_500http://zozo.jp

年間通してブーツを着用する方にオススメなのが、ブーツカットのタイプのチノパンツ。

 

ブーツカットのチノパンツでもスリムタイプのアイテムと合わせれば、縦のラインを意識したIラインコーデの完成です。

 

裾の部分が広がっているので、バランスを取るためにもトップスはタイトなアイテムをチョイスすることがポイントです。

 

春のチノパンコーディネート

▲目次に戻る

チノパン×デニムジャケット

07-820353-girls_coordinate-3

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなチノパンツにはカジュアルなアイテムを合わせるのが◎今回のデニムジャケットの合わせは最適なコーディネートとも言えるだろう。

インナーにパーカーを差し込んでレイヤードスタイルをさせることで、シンプルになりすぎないように注意しました。差し色のワインレッドのインナーも、暗めのトーンのものをチョイスすれば、コーディネートにアクセントを加えてくれる重要アイテムになります。

 

チノパン×トレンチコート

07-820353-girls_coordinate-6

コーデの詳細・購入はこちら

カジュアルなチノパンを一気にエレガントに格上げしてくれるのが、トレンチコートと合わせたコーディネート。

ボトムスと同系色のトレンチコートを合わせれば、統一感を演出でき、清涼感あふれるスプリングスタイル。シューズもボトムスに色が近いキャメルの革靴と合わせることで、脚長効果を演出できます。

 

チノパン×ダウンベスト

07-140044-2

コーデの詳細・購入はこちら

洗脳された都会のコーディネートを演出したい時にオススメのアイテムがダウンベスト!

ダウンベストで相性がいいボトムスことが、チノパンなのです!トップスがボリュームがあるのでボトムスはスリムのタイプので合わせるのがポイント。

ネイビー×ベージュと色の組み合わせも重たすぎず、すぐにでも真似したいコーディネートだ。

 

チノパン×キレイめアウター

39-52-h537-m-14

コーデの詳細・購入はこちら

上半身を“ブラック”“グレー”“ホワイト”と同系色でまとめた技ありコーディネート。

カジュアルなチノパンツのイメージを払拭するためにも、ジャケットのインナーをシャツ+カーディガンでまとめてみました。

シンプルなチノパンツもZIP付きタイプを選ぶことで、デザイン性も重視し、シンプルになりすぎないように意識しました。

 

チノパン×ニットジャケット

07-230344-30-2

コーデの詳細・購入はこちら

ジャケットはかしこまりすぎるけど、カジュアルになりすぎたくない方にオススメなのが、ニットジャケットとを合わせたスタイリング。

ニットジャケットの特徴でもある、重たくなりすぎない雰囲気を最大限に生かすためにもカラーはネイビーをチョイス。

インナーもカットソーなどをシンプルに着こなすのではなく、シャツ+カーディガンを合わせることで、オフィスカジュアルにも対応したスタイリングです。

 

チノパン×グレーパーカー

07-280407-43-2

コーデの詳細・購入はこちら

グレーのパーカーもベージュのチノパンとあわせれば、清涼感あるスタイリングになります。

カジュアルなアイテム通しの組み合わせですが、幅広い年代で親しまれているスタイリング。

軽いアウターとしてや、インナーとしても使えるグレーパーカーはベージュのパンツと合わせて持っておきたいアイテムの1つ。

 

チノパン×ジャガードカットソー

07-820353-new-2

コーデの詳細・購入はこちら

チノパンツでもブラックカラーをあわせれば、スタイリッシュな印象に。

インナーのパーカーもボトムスと同系色でまとめ、グレーのインナーは表情がある、インナーをチョイス。ZIP付きのボトムスがコーディネートのアクセントになり、遠目からみても他の人と“違い”をだせるコーディネートです。

 

チノパン×スプリングコート

07-820353-new-3

コーデの詳細・購入はこちら

スタイリッシュなブラックカラーのチノパンに同系色のトレンチコートを合わせました。

モノトーンのコーディネートにアクセントをつけるために、インナーはワインレッドのスタンドニットをチョイス。インナーのニットもヒップが隠れないぐらいの丈の長さを選ぶことで、コートを脱いだ時も脚長効果を演出できるように気をつけました。

 

チノパン×キレイめジャケット

07-820353-37

コーデの詳細・購入はこちら

キレイめなジャケットをデニムタイプのチノパンで合わせました。

程よくヒゲ(シワ)加工を施してある点や、アクセントのZIPなど他のチノパンでは見かけない多デザインのパンツを合わせる場合、アウターはシンプルに合わせるのがベスト!

ジャケット×デニムと女性から一番好感度が高いスタイリングは大切なデートな日などにもオススメです。

 

チノパン×ライダースジャケット

07-820353-36

コーデの詳細・購入はこちら

ハードなイメージのライダースジャケットもカジュアルなチノパンと合わせることで、コーディネートのバランスが良くなります。

カジュアルになりすぎないようにインナーにはチェックのシャツを合わせました。

幼くなりすぎないようにバックやシューズには男の“格”をあげられるように、革製品のアイテムを選びました。

 

秋のチノパンコーデ

▲目次に戻る

白スニーカーで流行を先取り

コーデの詳細・購入はこちら

コーディネートを一気にイマドキに装ってくれるのが、スタイリングに白スニーカーを取り入れることです。

細身のベージュのチノパンとの相性もよく、スタイリッシュで洗脳された都会の雰囲気を演出できます。

 

黒チノパンもアンクル丈で軽快に!

コーデの詳細・購入はこちら

黒などの重たい色を避ける人も多い、黒のボトムスもアンクル丈で軽快さをだせば、スタイリッシュなスタイリングに。

シャツと薄手のニットの組み合わせが上品且つ、初秋の装いに。

 

秋のビジネスカジュアル

コーデの詳細・購入はこちら

シャツ、スラックスとビジネスシーンでは欠かせないアイテム。

ブルーとグレーの高相性の配色もこのコーディネートを際立たせる。カーディガンではずしてる点が遊び心があり◎

 

ボリュームニットは秋のライトアウター

コーデの詳細・購入はこちら

首元にボリュームがあるニットは、保温性もあり寒くなる時期に最適なアイテム。

コーディネートをモノトーンでまとめ、ボーダーも同系色なので、上品にまとめられています。

 

上品レイヤードでオシャレさアップ

コーデの詳細・購入はこちら

フード付きのジャケットはカジュアル要素が強いアイテム。そんなアイテムを使った際にプラスワンしたいのが、シャツを取り入れたコーディネートです。

さらに柄シャツを差し込む事で若々しくさもプラスできます。

 

落ち着いた色味が秋のニット攻略法

コーデの詳細・購入はこちら

秋のニットはダークトーンをチョイスする事で落ち着いた大人の雰囲気を演出できます。

また細身のチノパンと合わせるなら、インナーにシャツを差し込みエレガントな要素をプラスするのがオススメです。

 

個性的チノパンは定番アイテムで着こなす!

コーデの詳細・購入はこちら

汚し加工がされた個性的なチノパンは、秋の定番でもある、MA-1で合わせるのが正解○

個性的なアイテムだからこそ、デニム風のMA-1で個性的に攻めるのが、個性派チノパンの攻略法です。

 

ライダースに合わせるチノパンは汚しチノパンで決まり

コーデの詳細・購入はこちら

男らしさを演出できるブラックのライダースジャケットには、大人らしい汚し加工がされたチノパンで合わせる。

チノパンの汚しの色とライダースの色味が同じなのでコーディネートにすんなりと取り入れる事ができます。

 

サイズ感で見せるチノパンスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

細すぎず太すぎないサイズ感が、チノパンをオシャレに着こなすキーワードの一つ。

ローカットのスニーカーと合わせて、スケータースタイルを楽しもう。

 

カーキのボトムスで秋を感じさせる

コーデの詳細・購入はこちら

秋になると流行る色カーキ。トップスなど顔に近い所に取り入れるより、ボトムスで取り入れた方がスタイリングしやすくなります。

スタイリッシュなサイズ感でオシャレ度アップ!

 

冬のチノパンコーデ

▲目次に戻る

冬のロングコートはカラーチョイスが重要

コーデの詳細・購入はこちら

ロングコートは面積比が大きい為に選ぶ色によって印象は変わってきてしまいます。

そこで、チャコールなどの明るい色味を選ぶ事で重たくなりすぎず、ロングコートを着用できます。

その際のボトムスは無彩色などの主張の少ないカラーを選ぶ事でコーディネートがまとまります。

 

冬のモノトーンコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

冬のモノトーンコーデは白の使い方がポイントに。ボリュームのあるハイネックニットでしっかりとコートの下から主張してあげましょう。

足下からチラリと見える白ソックスもオシャレポイントです。

 

厚手のジャケットで上品に楽しむ

コーデの詳細・購入はこちら

メルトン(圧縮ウール)素材のジャケットは風を通す事が少なく冬の防寒着として優れております。

またインナーにパーカーを差し込めば冬場でもオシャレに重ね着を楽しむ事ができます。

 

グレーのアウターで雰囲気チェンジ

コーデの詳細・購入はこちら

冬場では珍しいグレーのアウターをメインに黒のハイネックニットと合わせる事で、さらに上品な着こなしに。

無地通しのシンプルな合わせなので、ネックレスやバックなどの小物でコーディネートにメリハリをつけましょう。

 

ファー付きコートでエレガントな冬のスタイル

コーデの詳細・購入はこちら

ファー付きブルゾンのメリットでもある、エレガント差を演出できる点と防寒性に優れております。

さらにダッフルコートの特徴でもある、トグルボタンがアクセントにもなり、肉厚なコートに柔らかなイメージもプラスできます。

 

ダウンジャケットをタウンユースに落とし込む

コーデの詳細・購入はこちら

スタイリッシュなダウンジャケットは街中でもオシャレ着アウターとして活躍できる事間違いなし。

シャツにニット、マフラーと完全防寒してもスタイリッシュに見えるサイズ感のアイテムの組み合わせはお見事。

 

PUブルゾンで男らしさを演出

コーデの詳細・購入はこちら

ブラックのPUブルゾンは男らしさを演出するのに、最適なアイテム。

インナーをボーダー柄にする事で、カジュアルな雰囲気もプラスできます。

 

Pコートをチノパンではずしたプレッピースタイル

コーデの詳細・購入はこちら

配色がプレッピースタイル(アメリカ西海岸の私立学生服)を大人っぽく着こなしております。

お尻に少し丈がかかるぐらいの、コートのサイズ感がGOOD◎

 

上品なネイビーの着こなし

コーデの詳細・購入はこちら

ネイビーのアウターを上品に着こなすなら、ボトムスはブラックのスキニーパンツで決まり。

シューズも同系色で統一し、よりスタイリッシュな仕上がりに。

 

厚めのニットアウターで柔らかコーデ

コーデの詳細・購入はこちら

冬に試したいのが、ニットアウターコーデ。ネイビーとグレー、グレーとベージュの高相性同士の配色もお見事。

チノパンのカジュアルな雰囲気がこのコーディネートを引き立てます。

 

カラー別コーディネート

- 項目をクリックで該当箇所へ -

ベージュのチノパンコーデ5選

▲目次に戻る

【チノパン×カーディガン】

17893926B_b_13_500http://zozo.jp

カジュアルスタイル

白シャツとベージュのパンツのふんわりとした雰囲気を締めるのにネイビーのジャケットで合わせたコーディネート。

シューズもブラウンで合わせることで、パンツとの相性も考慮しました。

 

【チノパン×カットソー】

20170116174124536_1000http://wear.jp

ストリートスタイル

シンプルなアイテムの組み合わせ同士なので、サングラスニット帽などで合わせることでシンプルになりすぎないようにスタイリング。

スニーカーをホワイトで合わせることで、ベージュチノパンの良さを邪魔しないコーディネート。

 

【チノパン×スタジャン】

20170114144641198_1000http://wear.jp

レイヤードスタイル

インナーとボトムスを同系色で合わせることで、スタイリングにまとまりをもたせたコーディネート。

ブラックのアウターもベージュのチノパンとあわせれば、重たくなりすぎずコーディネートできます。

 

【チノパン×デニムジャケット】

15184094B_b_10_500http://zozo.jp

爽やかスタイル

デニムジャケットと相性が良いチノパンにインナーをチェックシャツであわせた、上級者コーディネート。

 

ブルーの色の組み合わせは難しい印象だが、チノパンをボトムスであわせれば、スタイリングをまとめてくれる。

 

【チノパン×ロングカットソー】

17611545_B_04_500
http://zozo.jp

シンプルスタイル

グレーのロング丈のカットソーを、ルーズに着こなす、簡単に真似ができるレイヤードスタイルの完成。

 

程良い脱力感がオシャレ上級者の余裕を感じさせる。シンプルなコーディネートは幅広い層から支持されそうだ!

 

黒(ブラック)のチノパンコーデ5選

▲目次に戻る

【チノパン×ニット】

17893926B_b_14_500http://zozo.jp

モノトーンコーデ

ブラックカラーの重たい雰囲気を和らげるためにも、トップスはシンプルなニットをチョイス。

ニット・シャツ・ボトムスを同系色で揃えるテクニックは是非、真似したい。

 

【チノパン×MA-1】

2064890B_b_282_500http://zozo.jp

ミリタリースタイル

ゆったりとしたスタイリングに使われる、MA-1はブラックのチノパンで締めることでバランスが良くなる。

インナーやシューズでホワイトカラーのアイテムを差し込むことで、ミリタリー調の雰囲気を少し和らげた最新のスタイリング。

 

【チノパン×ロングカーディガン】

16090034B_b_10_500http://zozo.jp

レイヤードスタイル

ボトムスのシンプルかつスリムなシルエットを活かすためにも、コーディネートはロングタイプのものをチョイスしました。

インナーは丈の短いものを選ぶことで、スタイリングにまとまりができ、スタイル良く見えます。

ロングのアイテムをトップスを選んだ際は、インナーは丈の短いものを選ぶことをオススメします。

 

【チノパン×パーカー】

16990915B_b_30_500http://zozo.jp

カジュアルスタイル

ボトムスがシンプルなだけに、トップスは鮮やかなパーカーをあわせても問題ない。

トップスのカラーが鮮やかなだけに、小物などはなるべく避けて、トップスの鮮やかさとボトムスのシンプルさだけで勝負できる、斬新なスタイリング。

 

【チノパン×カットソー】

16920312B_b_09_500http://zozo.jp

オールブラックコーデ

シンプルなアイテムの組みあわせだからこそ、色味を統一しコーディネートが斬新にスタイリングが映えます。

同じカラーで統一しているので、トップスにルーズなシルエットのトップスを選ぶことで、スタイリングのバランスが良くなる。

 

ネイビーのチノパンコーデ5選

▲目次に戻る

【チノパン×ジャケット】

14065243B_b_56_500

 http://zozo.jp

キレイめスタイル

現在のジャケットのスタイリングでオススメしたいのが、チノパンとのカジュアルなスタイリング。

ニット素材のジャケットと相性がよく、ネイビーのチノパンとの合わせでオススメがグレーのジャケットとのスタイリング。

大人の落ち着いた雰囲気を演出してくれるぞ!

 

【チノパン×スウェット】

14480128B_b_78_500http://zozo.jp

カジュアルスタイル

チノパンのカジュアルな特徴を存分に活かすには、スウェット素材のトップスとあわせたコーディネート。

BOXロゴやスポーツブランドのアイテムを合わせるとさらに、旬なコーディネートになる。

キャップやスニーカーなどカジュアルなアイテムも存分に使った、お手本ようなスタイリングです。

 

【チノパン×カットソー】

20160912115417490_1000http://wear.jp

シンプルスタイル

シンプルなカットソーを選ぶ際は、ボトムスと同系色で合わせると、コーディネートにまとまりをもたせてくれる。

ちらりとインナーでグレーのタンクトップなどを合わせる、小技を効かせながら、シューズは明るめなホワイトのカジュアルなタイプをチョイス。

 

【チノパン×デニムシャツ】

20151006143030270_1000http://wear.jp

スプリングスタイル

春先など、暖かくなり始めた時に、真似したいネイビー×ネイビーのアイテムをあわせたコーディネート。

トップスを淡いネイビーにし、ボトムスを濃紺にすることで、スタイリングに軽重感を演出することはできます。

カラーは同じで、トーンだけ変えた上級テクニックでも、スタイリングとして取り入れやすいはず!

 

【チノパン×MA-1】

11381792B_34_D_500http://zozo.jp

カジュアルミリタリースタイル

ミリタリー要素の強いMA-1もグレーのカラーをチョイスすることで、コーディネートを柔らかい印象にしてくれる。

ボトムス以外をモノトーンのカラーで合わせることで、ボトムスのカラーが強調され、他の人と差別化を図ることができるスタイリングだ!

 

緑(オリーブ)のチノパンコーデ5選

▲目次に戻る

【チノパン×シャツ】

17893923B_b_19_500http://zozo.jp

カジュアルスタイル

ボトムスの色が主張しすぎる場合は、トップスはシンプルに。トップスとボトムスが無地同士の組み合わせだと、おとなしく見えてしまうので、チェック柄のシャツをチョイス。

淡い色同士のコーディネートは、清涼感ある印象をあたえてくれるだろう。

 

【チノパン×ニットジャケット】

13964577B_b_19_500http://zozo.jp

キレイめカジュアルスタイル

トップス・ボトムス共にスリムなタイプをチョイス。ニット素材のジャケットは、他のアウターとの違いを演出してくれる。

色物同士の組み合わせでも、インナーをシンプルなものにすれば◎

 

【チノパン×スウェット】

16159137B_b_27_500http://zozo.jp

爽やかストリートスタイル

ジョガータイプのチノパンを腰履きし、ルーズなトップスをあわせたストリートスタイル。ハットもストリートの定番の後ろ向きに着用。

スタイリングの中心にホワイトカラーを中心にすることで、爽やかなストリートスタイルの完成。

 

【チノパン×カーディガン】

13427270_B_09_500http://zozo.jp

ワーク系スタイル

チノパンの印象でもある、ワーク系スタイルを演出するために、トップスをルーズに、ハットで雰囲気を演出。

トップス・ボトムスともに細すぎず、太すぎないバランスがこのスタイリングの良さを最大限に見せれている。

 

【チノパン×カットソー】

13981041B_b_23_500http://zozo.jp

2カラースタイル

色数をブラックとオリーブの2色でスタイリングした上級テクニック。強調したいボトムスのカラーだけオリーブにしトップスや小物等はブラックに。

ソックスやハットに使われている、ホワイトの差し色がコーディネートのバランスを調整してくれている。

 

ホワイトのチノパンコーデ5選

▲目次に戻る

【チノパン×シャツアウター】

17893923B_b_18_500http://zozo.jp

爽やかスタイル

インナーとボトムスを同系色で合わせることで、ネイビーシャツの差し色がコーディネートのポイントになります。

ホワイトのボトムスを合わせる時に、トップスは色物を使うのが◎

 

【チノパン×ジャケット】

15185397B_b_20_500http://zozo.jp

キレイめカジュアル

きっちりした印象のジャケットも、ホワイトのボトムスと合わせることで、カジュアルダウンすることができる。

ネイビー×ホワイトの爽やかな色の組み合わせは、初春のスタイリングには最適だ!

 

【チノパン×デニムシャツ】

17360240B_1_D_500http://zozo.jp

王道カジュアルスタイル

インナーとボトムスが淡い色味なので、アウターのデニムシャツは濃紺の色味をチョイス。

アウターの色味を最大限に活かす配色はスタイリングのお手本のようなコーディネート。

 

【チノパン×ブルゾン】

17566855B_b_11_500http://zozo.jp

ユーズドスタイル

刺繍が入ったブルゾンに、タック入りのチノパンをあわせれば、80年代のユーズドスタイルの完成。

ここでも前者と同じように、インナーとボトムスの色味を合わせることで、ブルゾンの色味を最大限に活かしております。

 

【チノパン×シャツ】

14682787B_b_21_500http://zozo.jp

スタイリッシュスタイル

第一ボタンまで締めたシャツをアウターに、全体的に縦のラインを意識したIラインコーディネート。

スタイル良く見えるようにスリムパンツと合わせ、シューズの色味をボトムスより重めのグレーをチョイスすることで、スタイリングのバランスが良くなります。

 

チノパンに合わせるおすすめアイテム

▲目次に戻る

カジュアルなイメージのチノパンも合わせるアイテムのよって、印象がかわります。ここではチノパンと相性が良いアイテムを紹介しています。

デニムジャケット×チノパン

20170204132635396_1000http://wear.jp

チノパンとの合わせで王道アイテムの1つでもあるのが、デニムジャケット

ベージュのチノパンツとの相性が良いとされている、ネイビーのカラーである点や、デニムジャケットの雰囲気がチノパンと合わせることによって、落ち着いた印象を与えることができます。

裾をロールアップし、くるぶしを見せることで、フェミニンさをプラスしたテクニックもこのスタイリングのポイント。

 

ニットアウター×スリムチノパン

17893923B_b_16_500http://zozo.jp

柔らかい印象をあたえてくれるニット素材とのスタイリングは、女性からも好印象を得ること間違い無し!

 

インナーとシューズをホワイトで合わせることで、清潔感を演出し眼鏡やクラッチバックなどでシンプルなコーディネートに華やかさをプラスしました。

 

ダウンベスト×ジョガーチノパンツ

16159137B_b_28_500http://zozo.jp

一気におしゃれな雰囲気に!ダウンベストと相性が良いチノパンを合わせることで、タウンユースに落とし込んだスタイリングに。

ジョガータイプのチノパンと合わせることで、ボトムスに程よくルーズ感を演出することで、かしこまりすぎない、ゆるかっこいいスタイリングになります。

 

ジャケット×スキニーチノパン

20161214125736396_1000

http://zozo.jp

上品かつ大人な雰囲気を演出するためにジャケットをチョイス。

 

チノパンの柔らかい雰囲気を壊さないためにも、ネイビーカラーのジャケットを合わせるのが◎

 

さらにエレガントさをプラスするためにも、タートルネックのニットを合わせることで、完成された大人カジュアルになります。

 

シンプルカットソー×ワイドチノパン

15843096B_b_01_500http://zozo.jp

シンプルなカットソーだからこそ、ボトムスで変化をつけたい。ボトムスにインパクトがある場合はトップスをシンプルにすることで、落ち着いた柔らかい雰囲気を演出することができます。

トップスとボトムスを同系色で合わせ統一感をもたらし、下半身にボリュームが入ってしまうので、シューズはスリッポンなどをチョイスし、コーディネート全体のバランスを調整。

 

まとめ

▲目次に戻る

みなさまチノパンツを使ったコーディネートいかがでしたでしょうか?

この記事を読んでチノパンツ に興味を持ってくれたのであれば、幸いです。

 

従来のイメージのチノパンは、カジュアル な、イメージが強く休日などに着用するアイテムでしたが、オフィスカジャルを推奨している企業や、恋人とおしゃれレストランで食事をする際にも着用する方が増えております。

 

現在はTPOにあわせたスタイリングができるようになり、チノパンツのシルエットカラーリングも多様化してきています。

 

現在のニーズに対応したチノパンこそメンズで必ず持っておきたい、ボトムスといっても過言ではないのです!

 

年間通して使えるアイテムチノパンこそ新しいボトムスの王道アイテム です!

是非この記事を参考にあなたにあった、オンリーワンチノパン を見つけてくださいね!


The following two tabs change content below.
吉岡 要

吉岡 要

大手のアパレル会社で紳士服の販売員としてキャリアをスタート。 新卒の販売実績でも全国3位と実績をあげる。 販売員を経て、本社でメンズECサイトの運営・制作の責任者として勤務。 常時2〜3のメンズブランドのスタイリングを担当。 ファストファッションからドメスティクブランドまで幅広くスタイリングできるのが強み。 メンズだけでなく、レディースのブランドもカッコよく着こなすスタイリングなどに定評があります。

SNSで更新情報をチェック♪

Twitterフォロー


Facebookいいね!

 

-パンツ

Copyright© プロが教えるファッションコーデ術 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.